GISELe

2019/06/10

夏のバカンスでも「モノトーン」は万能です!

GISELe編集部

モノトーンでエスケープ

都会を離れた景色にマッチし、都会で着れば気分が変わる。日常と非日常、どちらのシーンにも好都合な解放感のあるモノトーン。あからさまな夏っぽさには踊らされない。落ち着く黒と白をシーンレスで貫く、とある女性のプライベート・タイム。

「夏だから明るい色とは限らない」

脱力感が漂うスーパーロングのフレアスカートにこそ「わかりやすい夏らしさ」は必要ない。緩急ついたモノトーンに、季節感のあるストローハットをさし色ととらえるぐらいがちょうどいい。

SUMMER BLACK & WHITE
黒ギャザードッキング白トップス 36,000円+税/パリスジョージア、ストローハット 11,000円+税/フェルッチオベッキ(ともにアダムエロペ) 黒ハイウエストスカート 37,000円+税/ザ・リラクス(ザ・リラクス フィッティングハウス) サンダル 26,000円+税/ザダラス(ザダラスラボ.) 黒のコルセットをつけたような、モードなドッキングトップス。


「肌の抜け感でつじつまを合わせる」

開放的な景色に、黒一色は少々重い。ならばそんな黒をいいことに、大胆な肌見せで夏をストレートに楽しんでみる。キャップやPVCバッグなどミーハー気分な小物を合わせて、日常と非日常を行ったり来たり。

BLACK ALL-IN-ONE
黒ベアオールインワン 42,000円+税/ドゥーズィエムクラス(ミューズドゥドゥーズィエムクラス丸の内店) キャップ 1,900円+税/原宿シカゴ神宮前店 PVCトートバッグ 2,000円+税/レピドス(ビューティ&ユースユナイテッドアローズ湘南店) サンダル 15,000円+税/デ・プレ 小物次第で表情が変わるシンプルなベアオールインワンは、1つあると旅先でも重宝。


「乾いたムードに白黒つける」

アーシーな色を連想させるウエスタン。黒ベースに白の刺しゅうをほどこしたモノトーンなら、それだけでグッと身近に感じる。余白のあるパンツとサンダルで、ワイルドなウエスタンに気楽さをプラス。

MONOTONE WESTERN JACKET
黒ジャケット 52,000円+税/ジェーンスミス(シップス渋谷店) 白タンクトップ 29,000円+税/JANE SMITH(UTSPR) 白ロールアップパンツ 46,000円+税/ポロラルフローレン(ラルフローレン) サンダル 22,000円+税/サイレントディー(ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム) 長すぎず短すぎないジャケット丈も、着やすさのポイント。


「けだるい白には逆らえない」

あからさまな夏っぽさはためらってしまうものの、ラクしてキレイになれる白ワンピは別格。ウエストポーチのようなベルトを配した「強さ」があれば、さらっと1枚でも堂々と楽しめるはず。

LAZY WHITE DRESS
白ノースリーブワンピース 63,000円+税、ベルト 46,000円+税/ともにエリカカヴァリーニ(プラージュ代官山店) スニーカー 8,500円+税/ムーンスター(ムーンスターカスタマーセンター) 流れるようなAラインのワンピに、デザインベルトでウエストマーク。ぼんやり見えがちなワントーンも、スニーカーなど異なるテイストをかけ合わせれば1色の中に抑揚が生まれる。

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Naty Cooperation_STUDIO BASTILLE Design_Yuumi Arai(Ma-hGra)  Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED