GISELe

2019/06/11

超定番「黒とデニム」の着こなしを広げる4つのキーワード

GISELe編集部

ワクワク感を満たす「黒とデニム」

確実に似合うハズレなき組み合わせは、あらゆる「着てみたかった」を試すチャンス。シンプルになりがちな夏だからこそできる冒険で、着こなしのレパートリーを拡大。まずは、「ドレス」「レトロ」「モード」「マスキュリン」をキーワードにスタイリング。


01
「ドレスのような黒」で着飾る

デニムのカジュアルさをいいことに、1枚でもさまになる、映えるフォルムの黒でドレスアップ。多少気張ったシルエットも、見慣れた黒とデニムで日常に。


思いきりのいいリボンにハリのある質感。新鮮なボリュームでいつものデニムをデコレート
黒クロスショートブラウス 13,800円+税/UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ新丸ビル店) デニムパンツ 22,000円+税/Levi’ s. Authorized Vintage(リーバイ・ストラウスジャパン) ピアス 9,800円+税/ラムシェ(ブランドニュース) サンダル 44,000円+税/NEBULONIE(TOMORROWLAND) 特別感のあるデザインも、ドライな風合いなら甘すぎず、カジュアルに着地。ウォッシュの強いデニムでさわやかな抜け感を。


02
なつかしい「えり」と「小花柄」でタイムスリップ

大きなえりや小花柄など、幼いころ好きだったときめく甘さを気負わず楽しめるシックな黒。デニム自体もちょっとレトロなものを選ぶことで、ムードを堪能。


SMALL FLOWER
繊細な花柄刺しゅうのスカートをあせたデニムでカジュアルダウン

ウォッシュデニムジャケット 25,000円+税/Levi’ s. Authorized Vintage(リーバイ・ストラウスジャパン) 黒小花柄ギャザーフレアスカート 54,000円+税/ウジョ.(ブランドニュース) サングラス 15,000円+税/TOMORROWLAND サンダル 10,000円+税/ルージュ・ヴィフ(ルージュ・ヴィフラクレルミネ新宿店) プリントよりも大人っぽい刺しゅうの花柄。柄が甘いぶん、Gジャンは力の抜ける少し大きめサイズでラフに仕上げたいところ。


SAILOR COLLAR
ギャザーの入ったセーラーカラーでノスタルジックなかわいさを

黒共布ベルトつきVネックブラウス 32,000円+税/ドローイングナンバーズ(ドローイングナンバーズ南青山店) ストレートデニムパンツ 25,800円+税/ホリデイ ピアス 14,000円+税/ポーノ(デ・プレ) バッグ 58,000円+税/MARROW(4K) 強い黒をソフトに寄せるさりげないギャザーと空気感をはらむ比翼仕立て。丸みのあるデニムも、やわらかな見た目に貢献。ジャケットのようなデザインなら、ふだんとは異なる雰囲気も品よくおさまる。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company)Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair)Model_Alisa Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi

RECOMMENDED