GISELe

2019/06/30

夏の足元は「黒」がいい|バリエ豊富な辛口シューズ36足

GISELe編集部

「足元に黒」が舞い戻る

サンダルやミュールなど肌見せ分量の多い靴と、締まる色の黒は相愛な関係。ゆるめな服との合わせでも「ラクしてスマート」をかなえる、変型カットや異素材MIXなど、バリエに豊んだ辛口な黒シューズをお届け。
※( )内の数字は、ヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。


SELECT IT >>
「抜けのある黒」選択基準

黒をベースに、一部派手色や甲深フォルムなど。軽やかな黒い靴の中でも、感度やスタイルUPを望めるデザインを、よくある6つのスタイルからリサーチ。


01
SHOES 形にひとクセある黒
きちんとスタイルを今顔に

ワークシーンにも欠かせない、キレイめなパンツ&シャツ。黒×変型カットの直球モードなサンダルで、鮮度と切れ味を同時に高めて。
CHECK >>> TYPE 01


02
SHOES 肌が透ける黒
細身ボトムも力まない

暗色の強気な Iラインボトムに、重たい黒の靴だと力んで見えがち。まとまりよく隙を生む、クリアやメッシュの透ける黒シューズが正解。
CHECK >>> TYPE 02


03
SHOES 派手さのある黒
全部ラフでも締まる

部分的に色や柄を配した、緊張感のある黒のサンダルがあれば、白T×デニムのどカジュアルな服装も、足元だけで手抜き感を払拭することが可能。
CHECK >>> TYPE 03


04
SHOES 夏素材と黒
都会になじむリゾート

ロングワンピ&ジュートサンダルのビーチにも活躍するリラクシーな組み合わせ。冷静さのある黒なら、街にもなじむルックスへと着地。
CHECK >>> TYPE 04


05
SHOES メンズライクな黒
ショートボトムと距離が縮まる

甲部分が幅広い、ボリューミィな黒サンダル。ブーツのような高い引き締め力で、脚のラインをすっきりと見せて、短め丈ボトムを身近な存在に。
CHECK >>> TYPE 05


06
SHOES きゃしゃな黒
気張らず色ボトムに挑戦

今季のキーカラーが豊富にそろう今。簡単に高感度に導くカラーボトムを試すなら、力を抜きつつ大人らしさも残す、黒のトングサンダルが便利。
CHECK >>> TYPE 06

CREDIT: Illustration_Yukari Terasawa Photography_Yoshihito Ishizawa Styling_Natsuko Deguchi Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige