GISELe

2019/07/13

「黒好き」スタイリストが私服に選んだ黒アイテム【前編】

GISELe編集部

「スタイリストがこだわる黒」

デザインや質感がものをいう無彩色=黒だから、そのセレクトはとても重要。そこで、黒にフォーカスした今月号でも多くの企画を担当し、私服でも黒をよく着ているGISELeスタイリストたちに取材を敢行。こだわりの定番から型破りな黒まで、目利きのプロが推すアイテムを一挙に紹介します!


STYLIST TEAM



YASUKO ISHIZEKI
創刊からGISELeを支え続ける敏腕スタイリスト。キレイめ×カジュアルなど、相反するテイストを掛け合わせたスタイリングが得意。


KEIKO WATANABE
大人の気品や女性らしさを随所にちりばめたコーディネートへの支持が高い。リアルにとり入れやすい着こなし提案も人気の秘密。


KAORI HIGUCHI
大人に似合うカジュアルをモットーに、スタイリングを提案する。「力を入れる/抜く」の絶妙なバランス感覚に、毎号多くの反響が。


MAKIKO IWATA
旬をいち早くとり入れたコーディネートに定評アリ。ほぼ毎号黒に関する企画に携わっていることもあり、着映えする服を熟知している。


NATSUKO DEGUCHI
ボーイッシュなカジュアルが定番。GISELeでは靴企画を担当することも多く、アイキャッチィで気分の上がるデザインを集めるのが得意。


CHISATO TAKAGI
メンズ服やヴィンテージアイテムをとり入れたスタイルが人気。GISELeでは派手な色柄をとり入れた企画を担当することもしばしば。


Prologue
「いつだって黒が好きな理由」


よく黒を使っているプロたちにインタビュー。膨大な数のSNAPからセレクトした黒の「よさ」がわかるスタイリングを見ながら、黒にそなわる魅力について語ってもらいました。


樋口さん:困ったら、必ず手にとるのが黒。私自身も何を着るべきか迷ったときは、いつも黒を選んでいるような気がするな。ある意味サボって着やすいというか、ラクな格好でも黒だったらきちんと見えますよね
高木さん01の右みたいに白Tに黒のワイドパンツとか、それだけでもバランスさえまちがえなければカッコよく見えます。私も“簡単なところ”が、黒を好きな一番の理由かも。
出口さん02は黒のミニスカが締め色になり、BIG-Tのラフさが軽減したように思います。
高木さん03のような1枚で着映えする黒ワンピもすごく便利ですよ。私もたくさん持っています。派手でもなく地味でもなく、着る場所を選ばないので重宝する

樋口さん甘いと辛い、レディとメンズ、キレイとカジュアル、どっちにでもなれるけどどっちにもなりすぎないのも黒の魅力ですね。赤だと女っぽいイメージが前に出るけれど、黒だと甘いデザイン(04)もやりすぎにならない
石関さん:黒で甘い柄っていうのもかわいい。05の水玉ドレスもチェックシャツも、どっちも好きだな。真っ白やニュアンスカラー1色の服だと、のっぺり見える危険もあるけど、黒の模様が入ることでメリハリがついて着やすくなりそう。この二人はツヤっぽい黒小物のさし方も上手。
渡邉さん:個人的にブラウン系の小物も好きなのですが、赤茶とかキャメルとか、濃度が違うから色合わせが難しいと感じることも正直あって……。そう思うと、何も考えずにコーデをまとめられる黒小物(06)って優秀ですね。

岩田さん:黒小物を使えば、洗練度も上げられますしね。07も小物を黒に限定したことで、より全体のバランスがよくなっている気がする。あと、ほかの色より肌感が強調されるから女性らしいっていうのも黒の特徴ですね。
渡邉さん:どちらのSNAPも、色っぽすぎない絶妙な肌の見え方がいいですね。重く見えがちな黒が軽く見えるし。
石関さん:白のトップスに黒のパンツを、1:1の配分で合わせた08の右もいいね。上は甘くても、下に黒が入ることでモードっぽさが出てカッコよくなる。
岩田さん:アクセントにしたピンクの靴も効いていますね。
出口さん:ヴィヴィッドカラーなど少しレベルの高い服も、黒と合わせれば派手さがなごんでとり入れやすくなる。左の写真は黒と鮮やかなオレンジの合わせがステキです。

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(Watanabe, Deguchi, Takagi〈still〉), Naoya Shiho(Ishizeki, Higuchi, Iwata〈still〉) Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa