GISELe

2019/07/21

夏だから着たい服。日差しに似合うストーリーのある夏服

GISELe編集部

「夏を理由に楽しむ服」

シーズンレス、なんて都合のいい言葉はいったん忘れて、「今」にこだわって全力で夏を楽しむのも悪くない。同じ間取りの部屋でも使い勝手が変わるように、同じ季節でも楽しみ方は人それぞれ。タイプの異なる二人の女の子の日常を切りとった、朝から夜までの「夏だからしたいこと」。


MORNING-AFTERNOON
日差しに似合うレパートリー
まぶしい太陽の下に似合う、開放感あふれるスタイリングの数々。好きな色に水着にアクセサリー。見た目で手にとる、思い思いの夏の選択。



Summer Color -「それぞれの夏の色」

PALE COLOR
「デニムありきで素直に夏色」
直球で夏を感じるシャーベットカラーを重ねるように。いつものデニムもサックスブルーにするだけで、夏との距離がグッと縮まる。

単純なのに奥が深いアイシーカラーのワンツールック
ミントグリーンノースリーブカットソー4,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) デニムパンツ11,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) サングラス18,000円+税/エーディーエスアール(エディットフォールル) ビーチサンダル3,000円+税/ハワイアナス(ドウシシャ) その他/スタイリスト私物 配色に加え、デニムのフォルムもクラシック。


BLACK & WHITE
「波打ち際のモノトーン
心地よさと軽快さはゆずれない「夏の黒」。天然素材をさし色ととらえれば、モノトーンのイメージは一気に夏へと変化する。

気楽な黒をさらに軽快に。カジュアルな白のポイントづかい
黒オーバーオール33,000円+税/nagonstans タンクトップ1,200円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ストローハット6,900円+税/SHAGADELIC スニーカー5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) チャックやボタンなど、ディテールが省かれたオーバーオールはそれだけでノンストレス。ハットが海を感じさせるエッセンスに。

CREDIT: Photography_Saki Omi(io・model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eto, Hanna Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED