GISELe

2019/08/06

【ワンピース】1枚でも着まわしでも活躍する28選

GISELe編集部

「まわしがいのある」ワンピース

1枚ではもちろん、簡単なアレンジを加えるだけでさまざまな着こなしが楽しめる、使いみちの多いワンピース。スタイリングの幅を広げてくれる、その魅力を徹底追求。


PART 1 >> 頼りになる「この1枚」
重ねたりはおったりと、組み合わせのバリエーションが多いシンプルなデザイン。頼りになる「この1枚」その中からそれぞれの長所が生きる4タイプを選抜。


TYPE_A
「心地よくキレイになれるIラインのサーマルワンピース」

サーマルならではのカジュアルさを生かしたワンピは、あらゆるテイストの抜き役として活躍。スタイルがよく見えるストンとしたIラインながら、リラクシーな組み合わせが可能。

□洗練度を高める重厚なネイビー
□ノースリーブでやぼったさをセーブ

ネイビーサーマルワンピース 19,000円+税/フィルメランジェ


01
さらっと1枚でも女らしくなりすぎない
サーマルならではの脱力感

ワンピースは着まわし。バッグにかけたストライプシャツ 26,000円+税/INDIVIDUALIZED SHIRTS(メイデン・カンパニー) トートバッグ 7,900円+税/L.L.Bean(L.L.Bean カスタマーサービスセンター) ビーチサンダル 5,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) すらりとした細長いシルエットなら、ビーサンでもスタイルアップがかなう。バッグにかけたシャツが濃ネイビーにさわやかさをもたらす。


02
ワンピの上からエレガントな白カーデを重ねて
まじめすぎないコンサバLOOK

ワンピースは着まわし。白カーディガン 6,500円+税/PETIT BATE AU(プチバトー・カスタマーセンター) ショルダーバッグ 48,000円+税/FLYNN(アイランド ショールーム) パンプス 24,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa カーデのボタンをきちんととめて、サーマルを大人っぽく。レザー小物でさらなる品格を。


03
ナイロンパーカのスポーツ感を
ラフなスカートづかいでトーンダウン

ワンピースは着まわし。白ナイロンパーカ 46,000円+税/ジェーンスミス(シップス 渋谷店) ボディバッグ 9,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 黒サンダル 16,800円+税/STAC CATO(バロックジャパンリミテッド) 色数を極力しぼることで、スポーティなテイストを大人っぽく転換。ななめにかけたウエストポーチが、ラフなものどうしのシャープなアクセントに。


04
トーンをそろえたアロハシャツで
ネイビーをポップに彩るように

ワンピースは着まわし。フラワープリントシャツ 13,000円+税/TO DAYFUL(LIFE’s 代官山店) ネイビーワッフルレギンス 14,000円+税/フィルメランジェ バッグ 3,695円+税/Isn’t She? ビーチサンダル 4,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 暗色のアロハシャツなら浮かれすぎず、街でも着やすく。ワンピと同色レギンスで肌感を調整すれば、より落ち着いた雰囲気へと変わる。


05
ざっくりとしたロング丈のニットカーデで
リラックスムードをあと押し

ワンピースは着まわし。共布ベルトつきカーディガン 36,000円+税/FLORENT バッグ 21,200円+税/MAISON N.H PARIS(ステュディオス ウィメンズ新宿店) サンダル 18,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 長いものどうしも、ネイビーでリンクさせれば、おのずとバランスよく。カーディガンのベルトをゆるく巻いて、ワントーンにさりげないメリハリづけ。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Zoe Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi

RECOMMENDED