GISELe

2019/09/06

絶対使える服|GISELeスタイリストが選抜した20着

GISELe編集部

「問わない服」の精鋭

出かける先、着方、合わせる靴が変わっても順応できる服だけが、「出番の多い服」として結局のところ生き残る。そんなアイテムを求め、GISELeスタイリストに取材を敢行。状況を問わず着たくなる「究極のベーシック」を選んでいただきました。


STYLISTS

YASUKO ISHIZEKI

創刊からGISELeを支え続ける敏腕スタイリスト。着映えするシルエット&素材の服を毎月たくさんそろえて提案してくれる。



KEIKO WATANABE
女性らしさと品のよさを感じさせる、色や素材の選びがいつも絶妙。今は大人に似合うジャンプスーツを探し中だとか。




KAORI HIGUCHI
表紙をはじめ、毎月膨大な数のスタイリングを生み出す頼れる存在。ふつうに見せないシルエット選びに定評アリ。




MAKIKO IWATA
キレイめ&シンプルなアイテムを軸にしたコーディネートが得意。最近はやさしい印象に仕上がる茶系に目がいくのだそう。




NATSUKO DEGUCHI
GISELeでは、Tシャツなどの定番服を徹底比較する企画を担当することも多く、いくつもの「使えるブランド」を知っている。





こだわりのはてに見つけた「年中使える服」
シーズンを問わずに使える定番服を、スタイリストがそれぞれの審美眼で徹底比較。季節をまたいでも、「ワードローブの主軸を担う」ための条件を教えてくれました。


001 JACKET
Selected by YASUKO ISHIZEKI

コーディネートの足し引きに便利な暗色
はおったり肩がけしたりして、ジャケットを装いのアクセントにすることが多い石関さん。合わせる服を選ばない4着を披露してもらいました。


「シングルよりもダブルがいい」

ジャケット 74,000円+税/オフィシーン ジェネラル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) ゴールドのボタンが効いてくるので、紺ブレは個人的にダブルが好き。


「ノーブルすぎない生地の厚み」

オーバージャケット 55,000円+税/Name. グレーのジャケットって正直コンサバに見えやすいのですが、これは肉厚&表情のある素材感だからハズしとしても使いやすそう。


「カーデ感覚で使えるノーカラー」

ウエストリボンつきジャケット 24,000円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 神南店) ジャケットが苦手という人も、ノーカラーならかたく見えないので難しくないはず。


「コートの中に着られる薄さ」

オープンカラージャケット 18,000円+税/アダム エ ロペ 上のジャケット同様、こっちも気軽に使えそう。薄い素材だからシャツみたいに前を閉じ、アウターを重ねてもかわいい。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata(Ishizeki, Watanabe, Deguchi〈still〉) , Naoya Shiho(Higuchi, Iwata〈still〉) Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa

RECOMMENDED