GISELe

2019/10/27

GISELeスタイストおすすめアウター20選

GISELe編集部

「スタイリストに選ばれた」アウター

コーディネートの要となるアウターは、ほかの服以上に慎重に選びたいもの。そこで、頼れるスタイリスト陣に取材を実施。ひととおり見つくした6名が推す、新調するなら「◯◯なコート」を大公開。選びのコツや注目の着方とともに聞き込みました。


 Selected 1 
「絵になるオーバーサイズを」

着るだけでさまになると全員が声をそろえたのは、丈・横幅ともにゆとりのある形。だらしなく見えない素材やカラーを教えてもらいました。


「レディに着られるノーカラー」

グレーシャギーノーカラーコート 170,000円+税/ebure ルーズな形ながら、ノーカラーでちゃんと女性らしさもあるっていうバランスが新鮮。(石関さん)


「濃ネイビーならシーンレス」

コート 79,000円+税/エイトン(デミルクス ビームス 新宿) 横幅があるので、下に着込めて重宝しそう。えりがないから中の服が引き立つ。(渡邉さん)


「ニットに緩急がつくハリ」

ベルトつき黒サテンフレアコート(11月展開予定) 69,000円+税/ENFOLD ハリ感と自然な光沢のある生地が珍しく、着るだけでしゃれて見える。(樋口さん)


「深いカーキがほかにない」

ダッフルコート 189,000円+税/アンスクリア(アマン) ジャストサイズだと子どもっぽく見えがちなダッフルこそ大きめのシルエット選びが正解。(岩田さん)


「暗くなりがちな冬服を変える」

ベルトつきコート 69,000円+税/アーチ ザ(シティショップ) 最近よく見るブルーグレーっぽい色。ブラウンやボルドーなど、秋の色とも似合いそう。(出口さん)


「女らしさがきわ立つ生地感」

ヘリンボーンコート 129,000円+税/ボブティック(ジャーナル スタンダード 表参道) やわらかい素材感で、着ると肩のラインがキレイに出ます。(高木さん)

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(Ishizeki, Iwata),Koichi Sakata(Watanabe, Higuchi, Deguchi,Takagi)Cooperation_AFLO, GettyimagesDesign_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa