GISELe

2019/11/24

使える! 白T感覚でいける「ぬくもりある白ニット」3選

GISELe編集部

ニットで「スタイリング・ルーティン」

毎日のように着る服にこそ、理由・テーマ・目的が欲しい。今で言うならやっぱりニット。なんとなくそでを通すだけではもったいない。自分を満たすための自分だけのルールを、毎日クリアしていく気分で。そんなニットの新たな楽しみ方。


MY STANDARD WHITE
「白T感覚で白ニット」

コーディネートに迷ったとき、力を抜きたいとき。いつでも助けてくれるのは白T。そんな役割を、同じ白でもシンプルなニットに託してみる。白T同等の役目をはたしつつ、生地の「ぬくもり」を生かした強みも見えてきた。


MONOTONE IN WINTER
「厚みを感じさせるモノトーン」
白Tでも成り立つものの、ニットにすることで凹凸感のある白のワントーンが完成。やさしい白と辛口な黒のギャップが生きるモノトーン。


白クルーネックニット 16,000円+税/LE CIEL BLUE(ルシェルブルー カスタマーサービス) 白ボアCPOジャケット 22,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) 黒ウールワイドパンツ 35,000円+税/Lautashi(ブランドニュース) 黒バッグ 57,000円+税/1331(エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ) 黒シューズ 11,990円(税込み)/ザラ(ザラ・ジャパン)

CREDIT: Photography Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling Makiko Iwata Hair&Make upNaoyuki Ohgimoto ModelNova Design Tomoki Fukuhara(MahGra) Composition&Text Chiharu Ando