GISELe

2019/12/08

「気楽に着ないこと」で気づくニットの新たな魅力とは?

GISELe編集部

「インテリに」ニット

あたりまえの存在だからこそ、ある意味「気楽に着ないこと」で気づくニットの新たな魅力とは? 心地よさはそのままに、品よく知的に大人っぽく。ふだん着だからとけっして安易にとらえない、インテリジェンスなニットのお作法。


CASE 01
白シャツとニットへの探究心

いつだってニットを知的に演出してくれる白シャツ。趣向を凝らした「ふつう以上の白」に目を向ければ、クラシックな品格が上乗せされる。

STAND-UP COLLAR SHIRT
立体的かつスッキリ見える。渋い赤に効く聡明な白

赤ケーブルニット 49,000円+税/アンスクリア(ガリャルダガランテ 表参道店) スタンドカラーシャツ 19,000円+税/エストネーション パンツ 22,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー カスタマーサービス) ピアス 28,000円+税/ブランイリス(エストネーション 六本木ヒルズ店) バッグ 35,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) パンプス 44,000円+税/ネブローニ(フラッパーズ) 首元の抑揚のあるレイヤードは、白のワイシャツではなしえない。


BOW TIE LACE SHIRT
アクセ感覚で添えるニットの厚みに反する繊細なレース

コート 150,000円+税/VACHEMENT(ブランドニュース) ブラウンニット 27,000円+税/SLOANE 白リボンシャツ 27,000円+税/アラーニ ザ グレイ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店) コーデュロイパンツ 18,000円+税/ロク(ロク 渋谷キャットストリート) バッグ 48,000円+税/ボルシージョ(フラッパーズ) パンプス 40,000円+税/ロランス(ザ・グランドインク) レースシャツはあえてボーイッシュなニットに重ねて甘さを調整。


CASE 02
カーディガンでラクをしない

今まではスタイリングの脇役だったカーディガンに、「ジャケット手前」の存在感を求めたい。計算ずくのモノトーンで、着こなしさえも手を抜かない。

CABLE KNIT CARDIGAN
どちらも主役になりうる黒と白も、ニットだから保てる穏やかさ

黒カーディガン 72,000円+税/アイ ラブ ミスター ミトンズ(RHC ロンハーマン) 白ドレス 73,000円+税/バレナ ヴェネチア(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店) 白タートルネックニット 26,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) ピアス 18,164円+税/アビステ バッグ60,000円+税/michino(プレッド PR) ショートブーツ 68,000円+税/ネブローニ(フラッパーズ) ぬくもりを感じるケーブル編み、流れるようなドルマンスリーブが、無難に見えないモノトーンの要。


CASE 03
アンサンブルをセルフメイク

親しいノーブルな色で織りなすニットONニット。着ないで「かける」だけの力の抜けぐあいなら優等生におさまらず、親しみをも生む。

KNIT ON KNIT
重厚な同色ニットをラフに巻くアンサンブルの発想の転換

カーキラクーンニット 30,000円+税/ロンハーマン、肩にかけたカーキカーディガン 183,000円+税/ロゼッタ ゲッティー(ともにロンハーマン) デニムパンツ 22,000円+税/ウエストオーバーオールズ(エストネーション) 眼鏡 34,000円+税/プロポ(プロポデザイン) バングル 38,000円+税/シンパシー オブ ソウル スタイル(フラッパーズ) バッグ 180,000円+税/J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON 青山店) ローファー 21,000円+税/カミナンド(ガリャルダガランテ 表参道店) 肩がけしたり、結んだり。その無造作な雰囲気が、はき慣れたブルーデニムをいっそう味わい深いものに。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Viktoryia Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Rie Yokoyama Composition&Text_Chiharu Ando