GISELe

2020/01/25

てっとり早くキレイになれる! 3つの「冬配色」の正解、教えます!

GISELe編集部

「この組み合わせ」に落ち着く

「品格を感じさせる」コーディネートの支持が厚い今シーズン。過去のGISELeをふり返り、気品につながる着こなしアイディアを精査。担当スタイリストへの取材から見えてきた、この冬最後に必要なアイテムとは?
※コーディネートはGISELe2018年1月号以降に紹介したものです。


華やかかつ品もいい「配色の妙」

てっとり早く「キレイ」をめざすなら、色そのものが持つイメージを利用するのも手。この冬あるといい3色を、気品UPをアシストするカラーブロックでご紹介。


(Brown × White)
肩ひじ張らないブラウンに白のアクセント

暖かなブラウンコートにシャープな白シャツ

SHEEPSKIN COAT + SHIRT
「ぬくもりを感じさせる、ブラウンのコート。ハリのある白シャツでシャープさを演出すれば、スタイリッシュな印象に。ショート丈のコートに対し、長めのシャツでやわらかな空気感も意識」(岩田さん)


少量の白でブラウンニットのやぼったさを解消

CABLE KNIT TOP + BLOUSE
「粗めのケーブルニット1枚だと、少しおじさんっぽく見えるこのコーデ。インナーにとろみのある白ブラウスをとり入れたことで、品のよさが出て、女性らしい仕上がりに整ったと思います」(出口さん)


インナーを白から濃ブラウンへ。そのぶん小物で白を

V-NECK CARDIGAN + CLUTCH BAG
「深いブラウンって美人度が上がる色だと思い、白インナーのかわりにカーデの下にレイヤードしました。白のもこもこしたバッグで、濃淡のあるALLブラウンにレディな緊張感をプラス」(渡邉さん)

CREDIT: Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa