GISELe

2020/01/25

デニムもスウェットも! 気品あるカジュアルに仕上げる10のアイディア

GISELe編集部

「この組み合わせ」に落ち着く

「品格を感じさせる」コーディネートの支持が厚い今シーズン。過去のGISELeをふり返り、気品につながる着こなしアイディアを精査。担当スタイリストへの取材から見えてきた、この冬最後に必要なアイテムとは?
※コーディネートはGISELe2018年1月号以降に紹介したものです。


「カジュアルなイメージ」にとらわれないでうまくいく

デニムやスエットなど、カジュアルを代表するアイテムも従来のイメージに逆らって品よく転ばせるのが気分。印象操作につながる、簡単なテクニックを教えてもらいました。


BLUE DENIM

少量のフリルでクラシックに

+ KNIT&FRILL BLOUSE
「ニットのくすみブルーとデニムの色をつないだスタイリング。フリルブラウスをINしたことで、より上品に。白の面積を多めに抜け感を出したいので、長めの丈を選ぶのがコツ」(渡邉さん)


つややかな素材で緊張感をプラス

+ SATIN BLOUSE
「サテンのブラウスを合わせることで、デニムのカジュアル度をマイナスできる。さらに、デニムと合わせることでブラウスのコンサバ感は半減でき、相乗効果でバランスがいい」(石関さん)


STRIPED TOP

黒シャツの上だと辛口

+ BLACK SHIRT
「存在感のあるボーダーは、肩に結んだりバッグにかけたりして、ひかえめにとり入れるのが好みです。黒シャツの上から巻いたら、ハンサムな雰囲気になるので新鮮」(渡邉さん)


黒とブラウンに色をしぼる

+ BROWN
「カジュアル度が高く、ときに幼く見えてしまうボーダートップス。モノトーンとブラウンに色をしぼって、大人っぽく見えるように意識するといいと思います」(樋口さん)

CREDIT: Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa