GISELe

2020/03/24

ジル・サンダーのアイコンバッグ「TOOTIE」のオブジェのように美しいたたずまい

GISELe編集部

JIL SANDER “TOOTIE”

隙のないルックスに、サイドにほどこされたハンドルなど、ユニークな発想がつまったアイコンバッグ「TOOTIE〈トゥーティー〉」に、バンブーハンドルが仲間入り。さらにカスタマイズ感覚で楽しめるショルダーストラップも初登場。オブジェのように美しいたたずまいには、バッグ以上の価値がある。
※( )内のサイズ表記は、縦×横×マチ、単位はcmです。


JIL SANDER
“TOOTIE”

クラフト感のある組み合わせによるアップデート
一見コンパクトなクラッチバッグのようで、サイドから見るとアコーディオンバッグを連想させるTOOTIE。内側に3つのコンパートメント、付属のストラップで実用性も完備。新作のバンブーハンドルは、クラシックなカーフレザーに新しい表情を添えてくれる。クロシェ、ビーズ素材のショルダーストラップでアレンジすれば、クリーンなムードに遊び心も加わる。


“TOOTIE”(2020 S/S COLLECTION)

COLOR:BLACK(R), KHAKI(L)
DETAILS:ONE SIDE BAMBOO HANDLE, THREE INTERNAL COMPARTMENTS
〈右から〉「TOOTIE」バンブーハンドル黒バッグ(ミディアムサイズ・22×30×7) 245,000円+税、同 カーキバッグ(スモールサイズ・18×24×5) 175,000円+税/以上JIL SANDER(ジルサンダージャパン)


“SHOULDER STRAP”

MATERIAL:BEADS(U), CROCHET(M, L)
〈右から〉クロシェショルダーストラップ 各70,000円+税、ビーズショルダーストラップ 116,000円+税/以上JIL SANDER(ジルサンダージャパン)
タグ:
CREDIT: Photography_Koichi Sakata Design_Hana Nishimura(Ma-hGra)Composition&Text_Chiharu Ando