GISELe

2020/03/21

GISELeスタイリストが解説する春スタイル4選|秋冬人気のあった上下セットをマイナーチェンジ

GISELe編集部

スタイリストが選ぶ「第1アイテム」

ひと足先に春ものを見てふれてきたスタイリストたちに選ばれた、今も春本番も使えるアイテムとは?ショッピング計画に役立つトピックスを詳しい解説つきでナビゲート。


落ち着く中での「マイナーチェンジ」
秋冬人気のあった上下セットを、新たな季節に向けてブラッシュアップするなら? 素材や色で更新する実例を、過去のLOOKをつくったスタイリストが比較しながら解説。


□FAVORITE STYLE
「上下ともやさしい色」

ニットの凹凸感を利用して、強弱をつけることの多かった淡色の配色。ニットを着ない日も増えるこれから、知っておきたいのは、ベージュや白を軸にしたグラデをのっぺり見せない方法。

CHANGE >>>
サテン素材で軽やかにニュアンスづけ
「表情のあるリネンやサテンなど、春も変わらず素材感に特徴のある服どうしを合わせるとぼやけづらい。薄色が膨張して見えないように、どちらかを少しだけ濃くするなど差をつけるといいと思います。」(樋口さん)

POINT:小物でもう1つベージュを足すとまとまりが出る
ベージュリネンシャツ 23,000円+税/FLORENT イエローサテンスカート 14,000円+税/Jilky サングラス 17,000円+税/A.D.S.R.(4K) ドライな肌ざわりのリネンとなめらかなサテン。相反する素材の合わせにより、抑揚がつきやすく。サテンが入ると品のよさも増す。


□FAVORITE STYLE
「デニムを知的に装う」

幾度となく紹介した、ジャケットやブラウスなど上品なトップスを合わせて、ブルーデニムをキレイめに転ばせる方法。品格は保ちつつ、春らしく肩の力を抜いて着こなすには?

CHANGE >>>
親しみやすさのあるガウンに変更
「秋冬はかっちりとした形、素材感のジャケットが多かったのですが、春夏はもう少しゆるさがあってもいいかなと思っています。えりなしのガウンのようにさっとはおれるデザインに変えるのがオススメ。」(石関さん)

POINT:薄色デニムだとさらに春らしく軽快に
グレーストライプジャケット 41,000円+税/120%LINO(フレームワーク ルミネ新宿店) カットソー 11,000円+税/フランク&アイリーン(サザビーリーグ) ブルーデニムパンツ 12,000円+税/GROVE SEOUL(アイクエスト ショールーム) シューズ 52,000円+税/ペリーコ(アマン)


□FAVORITE STYLE
「女性らしいフィット&フレア」

緩急のついたシルエットにより、スタイルUPに加えて女度も上がる、タートル+Aラインスカートの合わせ。安心感のある黒リブタートルにかわって、とり入れたいのは?

CHANGE >>>
透ける素材を仕込んで凝った見た目に
「今季よく見かけるモックネックトップスは、クルーネックのTシャツより縦長効果があり、なんとなく上半身をコンパクトに見せられる気が。+ロゴTを重ねることで目線を上げられるので、スタイルUP効果を倍にできると思います。」(渡邉さん)

POINT:スカートはマキシ丈を選ぶといっそう縦長見え
ロゴTシャツ 9,000円+税/ロペ エターナル(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) 中に着た白モックネックノースリーブカットソー 7,500円+税/フィルメランジェ ライダースジャケット 110,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) スカート 18,000円+税/MIDIUMISOLID(マーコート デザインアイ 代官山店)

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa, Yuki Ueda Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa