GISELe

2020/04/05

注目の新戦力「ハーフパンツ」4選|長く使える正解シルエットとは?

GISELe編集部

「ハーフパンツ」の現在未来

長めのひざ下丈で、シルエットは太め。そんな注目の新戦力=ハーフパンツなら、今すぐにとり入れても季節が進んでも、新しい気分をまとい続けることが可能に。ロングブーツでつなげる「NOW」と、色みで春めく「NEXT」を同時提案。


01_WHITE ECO-LEATHER
モードを約束する「白レザー」

合わせる色次第でムードを変える白ボトム。使いやすいのは、さわやかになりすぎずモード感ももたらすエコレザー素材。

(NOW)
MONOTONE
流れ落ちるようなラインとモノトーンで知的に洗練
少しすそ広がりのハーフパンツにロングコートをはおり、スラリとしなやかなAラインを形成。黒のロングブーツは、全体をつなげてまとめる役割。

白エコレザーハーフパンツ 10,800円+税/SeaRoomlynn ロングコート 48,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) 黒プルオーバー 24,000円+税/nagonstans 黒ショルダーバッグ 105,000円+税/オフィチーナ デル ポッジョ(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) 黒クリアヒールブーツ 14,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) ポインテッドトゥのブーツが、シャープな女性像へと導く要。


(NEXT)
SPRING COLOR
旬カラーのタートルをさして色だけで気分をチェンジ
フレッシュなピスタチオグリーンと白の組み合わせは新しい季節への期待を感じさせるのに十分。タートルなら寒々しくなく、すんなり春へと移行できる。

ハーフパンツは着まわし。ハイネックスエットプルオーバー 4,500円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) サングラス 30,000円+税/ayame(アヤメ) 白スニーカー 29,000円+税/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス) スエット&スニーカーを合わせてもラフになりすぎないのはボトムがエコレザー素材ゆえ。ハーフパンツに合わせるスニーカーは、ボリューム感のあるハイテク系がバランスよし。


02_SLENDER KHAKI
メンズライクで正統的な「細身のカーキ」

筒の太さが一定のバミューダシルエットで、かつタック入り。カーキの濃い色合いも相まって、そのたたずまいは完璧にマニッシュ。


(NOW)
TRADITIONAL
トラディショナルにまとめつつフォルムで今を語る
メンズサイズの紺ブレに、同じくオーバーサイズの白ハイネックシャツを投入。ボリューム感で遊びながらもアイテム自体はオーソドックスという、おさえの効いた選びにシャレ感が宿る。



カーキハーフパンツ 32,000円+税/FUMIE TANAKA(ドール) ネイビージャケット 80,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) 白シャツ 33,000円+税/POSTELEGANT(ショールーム セッション) ビッグトートバッグ 59,000円+税/ア バケーション(ロンハーマン) ロングブーツ 50,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) イレギュラーなほどに大きなバッグも鮮度をアップ。


(NEXT)
FEMININE SPORTY
ミスマッチをものにして女らしさもカッコよさも両得
かっちり感のあるハーフパンツは、アノラックブルゾンすらシックにまとめる力あり。このとき、足元は思いっきりデリケートに仕上げて、エレガント方向に誘導。

ハーフパンツは着まわし。グレーアノラックブルゾン 60,000円+税/Name.、アイボリーショルダーバッグ 15,000円+税/MARROW(ともに4K) バイカラーパンプス 27,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa すそがシャーリングになったアノラックブルゾンのふんわり感とハーフパンツの直線的なシルエットとの対比がスタイリッシュ。スレンダーなハーフパンツには、腰位置を高く、脚を長く見せる効果も期待できる。

CREDIT: Photography_217..NINA Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eva Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Urara Takahashi