GISELe

2020/04/06

GISELeヘア&メイクが注目する「メイクアイディア」12選|新作から海外ドラマまで

GISELe編集部

新調したい「理由があるコスメ」

気持ちが締まる新たな季節の訪れは、「美」への意欲もわきやすいタイミング。そこでコスメの見直しや更新に役立つネタを求め、美容感度の高いプロやインフルエンサーに徹底取材。メイクを楽しむアイディアや肌に自信をくれる名品、オンラインのコスメ事情など…、数々のヒントから今新調すべきコスメをあぶり出します。


「欲しい」がふくらむインスピレーション

常連ヘア&メイクチームから、先につながるメイクアイディアを収集。新作コスメを皮切りに、話題はランウェイ、ドラマまでアメーバ状に派生。多分野にアンテナを張りめぐらせているプロたちが参考にするものとは?


<INSPIRATION DETAILS>

1.Celvoke


〈右から〉ディグニファイド リップス 29 3,200円+税、インフィニトリーカラー (上から15、17) 各3,200円+税/以上セルヴォーク 右は岡田さん、左は小澤さんのオススメの黄みカラー。


2.Celvoke

エンスロール グロス 04 2,800円+税/セルヴォーク 長澤さんがヘビロテ中のダスティピンクのグロスと、実際に使用したモデルのルック。


3.Dior

ディオール バックステージ ロージー グロウ 001 4,700円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール 木部さんのイメージ源になったピンクのチーク。


4.IDEA FROM SHOP STAFF

上下とも、過去のメイクページで手がけた木部さんのメイク。N.Y.で見た女性のメイクがヒントになった「目尻にだけアイライン」のアレンジ。モデルの顔立ちに応じて引く場所やサイズを微調整するのだそう。


5.Lisa Eldridge

長澤さん私物 イギリス出身のヘア&メイクリサ・エルドリッジの著書。


6.Alexander McQueen

小澤さん私物 アレキサンダー・マックイーンの写真集。


編集部:春に向け、定まってきた色やイメージはありますか?
岡田さん:私の推しはセルヴォークのルージュ(1)ですね。イエローとキャメルの間のような絶妙な色。
小澤さん:セルヴォークのカラーレンジには私もグッときました。明るい色の服に合わせてイエローやオレンジなどをとり入れたい(1)。
長澤さん:最近、くすみピンクがマイブームで、既存色ですがセルヴォークのグロス(2)をヘビロテ中。この号の撮影でも使いました。
木部さん:私は1つのコスメからイメージが派生するタイプ。実際、ジゼルの撮影で使ったディオールの青みがかったピンクのチークが春メイクのイマジネーションの源に(3)。
編集部:トレンドのほかに「こんなメイクをしたい」という発想はどこから浮かんでくるのでしょう?
長澤さん:本(5)や写真集、SNSと幅広く見ることでインスピレーションを得ていますが、身近なところからヒントをもらうことも。「WARSAW」というサロンで担当してもらうAIさんのファッションやメイクがいつもステキで……。彼女のピンクリップに触発されて、とり入れてみようというぐあいに(2)。
木部さん:職業柄、自然と街にいる女性のメイクを観察しちゃうし、海外に行けば現地の人のメイクを見る。以前、NYを訪れた際、古着屋の店員さんが目尻だけにアイラインを入れていたのがオシャレで……。アレンジを加えて、目尻を強調させたアイメイクをジゼルでも実践しました(4)。
小澤さん:新たなインスピレーションが欲しいとき、アレキサンダー・マックイーン(6)やマルタン・マルジェラなど好きなデザイナーの写真集を見返すことも。色の使い方を見たり、写真としてどこが好きなのかを考えたり。しっかり見て勉強するというよりも、アイディアの一部として頭に入れておく感じです。

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(still) Cooperation_AFLO Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Riho Nawa