GISELe

2020/04/18

ラクしてキレイになれる「シャツ」10選|買ったメリットを感じる理由とは?

GISELe編集部

「シャツは得する相談相手」

ゆるくてもだらしなく見えず、さりげない女っぽさも出せて、冒険心もいきすぎない。好感度をもたらし、身につけることで気持ちまでシャンとする、シャツが秘めた無限の可能性に着目。


Q - LIKE A JACKET
「ジャケットだとかっちりしすぎ…」

「上品に力を抜けるリネンのベルトつきシャツを」
すっきりとしたノーカラーやウエストベルト。メリハリのあるデザインでジャケット同等の知性を漂わせつつ、1枚で完結できるシャツならではの手軽さや快適なリネン素材が親しみをもたらし、緊張感なくきちんと感を演出。

シャツ 38,000円+税/ebure リネンパンツ 33,000円+税/ENFOLD ペンダント 16,500円+税/ジェニー バード×スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) バングル 4,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC ボトムもリネンでまとめれば、さらにリラックス感のあるやさしいたたずまいに。清潔感をもたらすマイルドな白×ベージュで、配色までも穏やかさを意識。


Q - relax & lean
「だらしなく見えず、でも心地よさも欲しい」

締めつけのない服には惹かれるけれど、ボーイッシュに転んでしまうのは避けたいところ。大人に似合う気楽さのあんばいとは?


NUANCE MATERIAL
「ゆとりが女らしさへと変わるとろみ素材」
大きいほどきわ立つ、体とつかず離れずの余白や優美なゆれ感をもたらすリュクスな風合い。ボリュームを横につけるのではなく、縦に促すことでゆるさが落ち着き、エレガントにクラスアップ。

ブラウンシャツ 6,360円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) スカート 18,000円+税/R JUBILEE(ショールーム セッション) ピアス 25,000円+税/ANNIKA INEZ(メゾン イエナ) ミニポーチ 35,000円+税/オソイ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル 23,000円+税/INTENTIONALLY BLANK(オリエンス ジャーナル スタンダード) 広がるフォルムに落ち着きをもたらす、春にあえてのこっくりブラウン。ボトムには、ラフさと女らしさの両方をあわせもつ、スエット素材のIラインスカートを起用。


UNISEX SILHOUETTE
「ユニセックスなサイズ感=ちょうどいいラフさ」
メンズライクなサイズを着ることによってできる、シワや余りはえりつき&ハリのあるキレイめシャツのおかたさをほぐすのにむしろ好都合。きちんと感はキープしつつも動きやすさや、クシャッとしたラフなニュアンスが誕生。

ネイビーシャツ 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) デニムパンツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) サングラス 15,500円+税/アイム(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ 35,000円+税/マルコ マージ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル 38,000円+税/PIPPICHIC ATONのような男女で着られるユニセックスブランドから選ぶと簡単。シルエットが大きくなるぶん、ボタンを全部とめると、膨張しがち。デコルテを見せると抜けができ、スマートな見た目に直結。


Q - UPDATE WHITE
「白シャツでアカ抜けたい」

ともすると無難に陥りがちな白シャツ。ちょっとした遊びや旬を意識して、1枚でも自信が持てる、シャレっ気を出したいところ。


01_FRILL COLLAR
「レトロな甘さをまとえるフリルつき」
白のフェミニンさが増す、たっぷりとギャザーを寄せたフリル。ポイントをえりだけにとどめることで大胆な甘さにも挑戦しやすく。

白フリルシャツ 32,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Fukuoka Store) ブラウンデニムパンツ 35,000円+税/リダン(ロンハーマン) シャリ感のあるヴィンテージ風の生地。


02_CACHE-COEUR
「立体感をつくるカシュクール」
前ボタンを閉じればカシュクール風になる、シャツを2枚重ねたようなデザイン。メリハリのある構築的なフォルムがプレーンな見た目をモードに引き寄せ。

白マルチシャツ 28,000円+税、グレーワイドパンツ 36,000円+税/ともにENFOLD ピアス 9,000円+税/フィリップ オーディベール(スローブ イエナ 自由が丘店) ワイドパンツでとことんクールに。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair)Model_Alex Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Text_Rie Yokoyama Composition_Miyuki Kikuchi