GISELe

2020/04/30

「白」を買うときの正解|「古着屋にありそう」で選ぶといい理由とは?

GISELe編集部

「シンプル好きのヴィンテージ」

単なる「ベーシック」も「引き算のオシャレ」という響きも、最近ちょっと聞き飽きた。少し甘く、どこかなつかしい。いつもの延長できる足し算で、スタイリングに手間をかける。リアリティを重視しながらなつかしいテンションを加えるための、ショッピング計画をスタート。


MELANCHOLIC TUNE
「物憂げにパステル」

春の訪れを感じさせるペールトーン。選ぶ色みや配色で、あえてポジティブな着方を選ばない。全体にフィルターをかけたようなあせたトーンなら、甘くなりがちな淡い色でもシックなムードを貫ける。

□ピンクなど「かわいい色」こそあせたトーンで
□ブラウンやグレーなど「影のある色」を相棒に


DUSTY PINK
>> あせたシャツでさらに彩度を落とす

ピンクの彩度を落とすことでセピアのようにノスタルジック
ベージュリネンバックロングシャツ(4月上旬展開予定) 21,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 肩にかけたスエット 5,980円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) ピンクワイドパンツ 16,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) イヤリング 18,500円+税/セシル・エ・ジャンヌ パンプス 21,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa シャツとパンツ。上下のテクスチャーでも気だるく。


VINTAGE WHITE
「白の選択基準は“古着屋にありそう”」

これからの季節に映えるから、必要不可欠な白の存在。クリーンな白もいいけれど、時をへたような味のある白ならテクいらずでムードが高まり、スタイリングにもなじみやすい。

□なつかしい白=レースで考えると選びやすい
□純白、アイボリー…「白の幅」は意外と広い


KNIT DRESS
>> ウォッシュデニムにさらなる味わい

ベージュに近い白とあせたブルーでタイムスリップ
アイボリーニットマキシワンピース 10,000円+税/Ungrid クラッシュデニムパンツ 13,800円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) シューズ 11,000円+税/アダム エ ロペ インナー/スタイリスト私物 ヴィンテージショップにありそうなかぎ針編みのレトロなニットワンピースは、ベージュに近いくすんだ白。色落ちデニムと自然になじんで70’sライク。


LACE DRESS
>> コートを重ねて甘さを隠す

甘い白と品のあるベージュのゆるぎない関係
ベルトつきベージュガウンコート 19,800円+税、巾着バッグ 22,800円+税/ともにLong Beach Antage 白レースマキシワンピース 42,000円+税/イエナ ラ ブークル パンプス 6,400円+税/RANDA これでプレーンな白ワンピだとやや退屈。大胆にあしらわれたレースが、上品なベージュコートにいい意味のクセをもたらし、クラシックなムードの強化に成功。


FRILL BLOUSE
>> 柄パンツでヴィンテージを追求

レースの存在感に負けない花柄のインパクト
白Vネックレースブラウス 25,000円+税/イエナ ラ ブークル ブルー×小花柄パンツ 23,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) サングラス 35,000円+税/BLANC 「V」に入った贅沢なレースづかいとそでのふくらみなど、趣向を凝らした白に甘んじず、ボトムもレトロに傾けることで、スタイリングの完成度がさらに高まる。サングラスなど、小物はやや辛口な計算を。
CREDIT: Photography_SAKI OMI(lo/model),YUSUKE TANAKA(still) Styling_KAORI HIGUCHI(KIND) Hair&Make-up_NAOYUKI OHGIMOTO Model_ALEX Cooperation_AFLO Design_KYOTARO YABUTA(Ma-hGra) Composition&Text_CHIHARU ANDO