GISELe

2020/05/09

今季の「スカート」は全身バランスを整える優秀アイテムがオススメ

GISELe編集部

「シンプルが目覚めるスカート」

いつものトップスが鮮度よく進化し、そしてプレーンなトップスとの組み合わせだからこそちょうどいい個性に着地できる。「今着たい」が難なくかなう、ひとクセあるスカートのススメ。


全体の「重/軽バランス」をスカートで操る
レザーあるいはボリューミィな形で「上は軽く・下は重め」を形成したり、逆にトップスのやぼったさを抜くために軽い素材感を足したり。今季のスカートは全身バランスを整えるうえでも有用。


TOP : LIGHT
SKIRT : HEAVY
□重心を下に持たせることで着こなしが安定する
□ラフな上(軽)×リッチ感のある下(重)というバランスもあり

BROWN LEATHER SKIRT / STYLEMIXER
キャッチーなロンTを重厚レザーが格上げ

茶エコレザースカート 7,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 白プリントTシャツ 7,500円+税/イディリコ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店) ショルダーバッグ 66,000円+税/マルティニアーノ(ロンハーマン) パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC プリントTのラフさを「軽」ととらえ、大人っぽさ(=「重さ」)を足す意味で下にレザーを投入。スカートはややマーメイド寄りのシルエット。


LINEN TIERED SKIRT / Nell
軽やか素材で重いシルエットのセットアップ

ティアードスカート 46,000円+税、ブラウス 26,000円+税/ともにNell(シップス プライマリーネイビーレーベル) イヤリング 13,000円+税/JENNY BIRD(TOMORROWLAND) 布をたっぷり使ったリネンのギャザースカートは、重めのボリュームは出るけれど、その素材のおかげで印象は軽やか。セットアップで着ると魅力はさらに増加。重いにも軽いにもどっちにもカテゴライズできない、不思議な浮遊感が楽しめる。


77circa
“かわいい”が粋に転ぶ大人のチノ

カーキティアードスカート 24,000円+税/77サーカ×ディッキーズ×レイ ビームス(ビームス ウィメン 渋谷) 完璧な重心を形成。


O’NEIL of DUBLIN
ビターブラウンでリネンが落ち着く

ブラウンフレアスカート 23,000円+税/オニール オブ ダブリン(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) バックルづかいも落ち着きに一役。


RITO
トラッドテイストという重み

キャメルチェックスカート 33,000円+税/リト(デミルクス ビームス 新宿) 光沢のある素材感&ズレたチェックにモード感も。


CURRENTAGE
まじめな顔したアイボリーレザー

レザースカート 80,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) 素材にシープスキンを用いながら、きちんと感も同居させた1枚。

CREDIT: Photography_Yusuke Raika(aosora) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Katya Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Urara Takahashi