GISELe

2020/05/16

今日のスタイリングがすぐ決まる3つの考え方とは?

GISELe編集部

WARDROBE IS WORDROBE.

結局使える白・黒・ベージュの3色を、「言葉」に沿って整理することで、ムダのないワードローブがそろうという新発想。縦軸には「服にまつわるタイミング」、横軸には「服に備わる役割」をあらわす言葉を設定し、クロスしたところに見合う1着をパズルのようにはめるだけ。頼れる色と、惹かれる言葉で、理想のスタイルが次々に生まれる。賢く確実に服がまわり出す、新たな「着まわし」のプラン。


「シンプルな黒白に言葉を飾る」

中でもゆるぎないシンプルな黒と白で上下を固め、そこに含ませたい言葉をイメージしながら、足したい服を導く。黒と白。それぞれの色をどう見せたいかを、「◯◯感」にあてはめて考察。


BLACK + “sensual”
>>「季節相応の軽さが欲しいから」
ユニセックスな黒に必要な「肌感」

ドライな黒の空気を変えるセンシュアルなインナーを
黒スラックス 9,900円+税/N.O.R.C ベージュニットタンクトップ 10,000円+税/BLACK BY MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) 黒コットンカーディガン 29,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) サングラス 21,000円+税/Ray-Ban(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ビーチサンダル 24,000円+税/ENFOLD テンションは違えどメンズライクで共通した黒の上下。色も見た目も隙のあるタンクトップではかない印象を上乗せ。


WHITE + “effortless”
>>「白=無難と片づけたくないから」
白を平坦に見せないための「躍動感」

動きを感じさせるストールなら白に対して重すぎない
黒×白フリンジストール 42,000円+税/マイディ(GALERIE VIE 丸の内店) 白センタープレスパンツ 25,000円+税/THIRD MAGAZINE 白シフォンブラウス 18,000円+税/エディション(エディション 表参道ヒルズ店) ミドルブーツ 12,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス 渋谷店) インナー/スタイリスト私物 さっぱりしすぎることもあるし、とっつきにくくなることもあるALL白。抑揚と親しみを求めたいときに、ボリュームのあるストールを足すだけで完結する。


「そもそも着るもの」も3色使って気分転換

コートとTシャツとパンツ。1つ1つを見ると正直新鮮味には欠けるかもしれない。そんな定番も、配色次第では鮮度が上がる可能性を秘めている。たとえばよく着る白・黒・ベージュを集めた、心地よいトリコロールをテーマに。

バランスのとれたモノトーンをさまになる「長め」で包む手堅さ
共布ベルトつきベージュコート 68,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 黒スラックス 9,900円+税/N.O.R.C 白ロゴTシャツ 14,000円+税/イズム(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サングラス 30,000円+税/LAVID バッグ 34,000円+税/MARROW(4K) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ローファー 14,900円+税/A de Vivre ベーシックなのに退屈しない、調和のとれた3色のブレンド。「そもそも着るもの」に配置されたアイテムも、組み合わせ次第では「また着たくなる」存在へと変化する。


「全部○○が好都合」

色も役割もバランスのとれたワードローブだから、似たものどうしを集めたらさらにまとまるのは言うまでもない。統一感を求める目的に加え、「全部◯◯」をお題にしたシンプル思考なら、スタイリングに悩む時間さえカットできる。


ALL BLACK
□色を締めればさまになるから
「全部黒」
それなり以上に見せたいときに黒を貫くのは、カジュアルなアイテムにこそ有効な手段。Tシャツ&デニムさえ、シックな色の効果でふつう以上。

快適かつスタイルよく。「好きな黒」を総動員
黒シルクTシャツ 13,000円+税/デ・プレ 黒ハイウエストデニムパンツ 12,800円+税/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒×白フリンジストール 42,000円+税/マイディ(GALERIE VIE 丸の内店) バッグ(WEB限定) 7,800円+税/モヒ(ジャーナル スタンダード プラスイー) スニーカー 5,800円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター) 小物まで色を統一。ヒールに頼らずともスタイルよく見えるのは絶対的にシャープに見える黒だから。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Koichi Sakata(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Valeriya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Cooperation_Baluko Landry Place Yoyogiuehara Composition&Text_Chiha