GISELe

2020/05/18

Tシャツよりも品のいい半袖ニット16選|黒・白・ブラウン・ネイビーの定番色

GISELe編集部

「信用と信頼のニット」

コートを手放すこれからの時期、シンプルながら1枚でさまになるニットがあるといい。色別にセレクトした頼れる新たな相棒を、プレスの的確な解説つきでラインアップ。


Tシャツよりも品のいい「ハーフスリーブの定番色」
ベーシックカラーを新調するなら、ニットなのに抜けものぞめる半そでタイプをリコメンド。キレイめにも振りやすい、しなやかな質感にしぼり込み。


BLACK

01.SLOANE
ゆとりのあるサイズながらハリ感があって美形

data :
HIGH GAUG / HAND-WASH
17,000円+税/SLOANE 「5サイズ展開で、写真はメンズサイズの“4”。肩のフィット感やえりぐりのサイズバランスにこだわった、ブランドの定番のクルーネックニットです」(プレス・森内敏子さん)


02.Deuxieme Classe
デコルテが美しく見えるスクエアのネックライン

data :
RIB / HAND-WASH
18,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) 「鎖骨がのぞくカットが特徴。タイトすぎない形なので、カジュアルにも使えます」(プレス・刈部麻理奈さん)


03.THE SHINZONE
二の腕をカバーするふくらみのあるスリーブ

data :
HIGH GAUGE / HAND-WASH
15,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン 表参道) 「メゾンブランド御用達の綿花紡績メーカー、EMIILCOTONI社の高級糸を使用。シルクのような光沢がポイントです」(プレス・戸塚友理さん)


04.JOHN SMEDLEY
心地いいのにきちんと見えるクラシカルなデザイン

data :
RIB / MACHINE-WASH
28,000円+税/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) 「1枚で着るのはもちろん、細身のシルエットなので、ジャケットなどの下に着てももたつきにくい」(プレス・和田かおりさん)


WHITE

05.ebure
女性らしさを引き立てるクリーンな発色の白

data :
HIGH GAUGE / DRY CLEANING
16,000円+税/ebure 「シアー感のある生地と透明感をもたらすクリアな白が、品のよさを演出してくれる。身幅・肩幅には適度なゆとりがあり、ラクに着られるのも魅力」(プレス・泉有紀さん)


06.ENFOLD
シャリ感のある素材により雰囲気も着心地も涼やか

data :
HIGH GAUGE / HAND-WASH
16,000円+税/ENFOLD 「微光沢のある生地とサイドスリットで、ワイドな身幅に抜けをプラス。ニット素材なのに毛羽立ちが少なく、耐久性に優れているのも自慢です」(プレス・長谷川裕美さん)


07.COCUCA
涼やかな見た目に加えて通気性もよいリネン混素材

data :
RIB / DRY CLEANING
19,000円+税/コキュカ(ザ ストア バイ シー 代官山店) 「シャリ感と伸縮性のある素材が、コンフォータブルな着心地を実現。後ろ丈を長くし、さりげないデザイン性をプラス」(プレス担当者)


08.UNITED ARROWS
厚みのあるハイゲージがオシャレな立体感を形成

data :
HIGH GAUGE / HAND-WASH
12,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 「適度な厚みとハリがあり、着ると立体的なシルエットに。さらっとした着心地」(プレス・家城麻依子さん)

CREDIT: Photography_Yuki Ueda Styling_Keiko Watanabe(KIND) Design_Shogo Tamura(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa