GISELe

2020/06/02

ゆるめトップスには「きちんとメイク」が正解|おすすめコスメ6選

GISELe編集部

「余裕を着る日=顔まわりにひと手間を」

髪で遊んでみたり、アクセを盛ったり、メイクを少しがんばってみたり。ゆるいトップスは、顔まわりを飾る楽しみも広げてくれる。服をよりよく見せるために。いつもよりちょっとだけ踏み込みたい「ひと工夫」を考察。


Get motivated for make up
「メイクで補う緊張感」

トップスで力を抜くならどこかにポイントを置いた丁寧なメイクで「きちんとしてる感」を。服とメイクの調和がとれれば、スタイリングの完成度は格段に上がる。


A「目のまわりにラメの輝きを」
わかりやすく緊張感をもたらす、ジュエリーのようにきらめくラメを指で軽くまぶたにON。のせるのは全体ではなく横を向いたときにも見える、まぶた中央から目尻の部分だけ。肌に近いベージュ系の色みなら、気張っている感が出にくく、ナチュラルな華やかさが演出可能。他は極力ヌーディに。

NARS パワークローム ルースアイピグメント 9131(数量限定) 3,200円+税/NARS JAPAN まぶたにピタッとフィットする、粉落ちしにくいクリームのような質感。軽くのせたときは大粒、のばすとだんだん細かくなり、のせ方によって輝きを自由にコントロール。

ブラウス 19,000円+税/Whim Gazette(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ナチュラルすぎると地味になりかねないベージュもしゃんと。


B「チーク1つでカッコよく」
めざしたいのは、ほてったようなかわいいほっぺではなく、服をしゃんと見せるクールな陰影。そのために選びたいのは赤やピンクより、オレンジ系のカラー。ほお骨のやや上あたりから目尻の外側にかけてブラシでさっとのせることで、明るさを引き出しながらも、シャープさを感じさせる大人のルックスへ。

ディオール バックステージ ロージーグロウ 004 4,700円+税/パルファン・クリスチャン・ディオール 健康的な印象に見せてくれる、ほんのりツヤのあるフレッシュなコーラルカラー。

トップス 11,000円+税、白パンツ 15,000円+税/ともにBLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)


C「肌に仕込む微量の光沢」
自然なツヤをかなえるクリームタイプのハイライトを目の下の高いほお骨部分と黒目~眉の上あたりに、ポンポンと軽くのせるだけ。このひと手間をプラスすることによって集まった光が、よけいなくすみをとばしてオーラをまとったようなキレイな肌に。おのずと高揚感も得られる。

コスメデコルテ ディップイン グロウ 3,500円+税/コスメデコルテ オイルと透明度の高いパールによって、ハリのあるツヤ肌を演出。

ニット 32,000円+税/グリード インターナショナル(GREED International Fukuoka Store) ブルースカーフ 8,000円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ)


D「久しぶりにバサバサまつげ」
キレイに仕上げることは一旦忘れ、ボリュームマスカラを上下のまぶたにダマになるくらいたっぷりと。迫力のある黒のおかげで目元が強調され、ボーダーのようなカジュアルトップスでもクラシカル。上まぶたには色を使わず、下にだけイエローのアイシャドウをほんのりのせると黒が浮かない。

ル ヴォリューム レヴォリューション ドゥ シャネル 10 4,500円+税/シャネル 3Dプリンターを用いて生まれたマスカラは、ひと塗りでも十分なボリュームを出し、インパクトのあるまなざしへと誘導。

ボーダートップス 4,540円+税/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷) まつげのレトロ感に合わせて髪はタイトに。


E「意思のある太めの眉」
リラクシーなトップスに足したいりりしい雰囲気を眉で演出するならば。スクリューブラシで毛並みをきちんと整えたあと、クリアのアイブロウマスカラを上へと立ち上げるように全体的に塗布。自然な太さが出ることで、メンズっぽいハンサムな表情を引き出し、キリッとした面持ちに仕上がる。

アイブロウマスカラ C 04 CL (レフィル) 2,200円+税/イプサ 独自の角型ブラシにより、毛流れを均一に整え、自然にキープしてくれる。

シャツ 42,000円+税/スタジオ ニコルソン(キーロ)


F「適当ではないリップ」
色を効かせたいときは、直球な赤だとやや緊張感が出すぎてトゥーマッチになりかねない。よりやわらかくて肌とのなじみもいいオレンジ系のグロスがオススメ。唇の輪郭に沿って丁寧に塗ったあと、中央部分にはさらに重ねづけ。ツヤによりぷっくりと立体感ができるうえ、色もまろやかに見える。

セルヴォーク エンスロール グロス EX04(4月24日発売) 2,800円+税/セルヴォーク 夏の日差しに似合う、エネルギッシュな赤みのあるオレンジ。グロスなのにリップのような高発色。

ロゴスエット 18,000円+税/ダートリア(アダム エ ロぺ) 中に着た白ブラウス 26,000円+税/ニアーニッポン(ニアー)
CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Koichi Sakata(still), Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Model_Evgenia Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi