GISELe

2020/06/09

GISELeスタイリストの最旬「デニムの気分」とは?|うまくいくバランス感

GISELe編集部

「褪せたブルー」のエトセトラ

褪せたブルーのジーンズが色褪せない存在であることを証明するLOOKを、新旧・あらゆる方面からコレクト。「相性のいい組み合わせ」だけを追求した、明日からのデニムスタイルを高めるネタ集をお届け。


スタイリストが考える「デニムの気分」

日々のコーディネートをつくる中で、スタイリストが見いだした褪せたデニムの使い方を取材。色みの絶妙な差やサイズのちょっとした違いなど、「うまくいくバランス感」をリーク。


No.01
「足元は重め」がいいとは限らない

薄い色のデニムをはくとき、足元は濃い色で締めなきゃと思いがちですが、ベージュや白であえて締めないのも今季はアリ。レースアップやストラップつきなどのメリハリのあるデザインなら、肌なじみのよい色でも、足元をシャープに見せられます。(出口奈津子さん)


No.02
褪せたデニムの色みにあいまいカラーが好相性

トーンを落としたピンクやコクのあるブラウンなど、絶妙なニュアンスのあるカラートップス。白デニム合わせだとコンサバだし、インディゴデニムだとなんだか古い…。白っぽい水色のデニムを選び、褪せたトーンで上下をそろえると好バランス。(渡邉恵子さん)


No.03
女っぽい要素が引き立つ「全部メンズ」の選択肢

デニムは本来メンズのアイテムなので、とことんボーイッシュな着方に振ることも。ラフに着たスエット&適当にのぞかせた白Tで、メンズ風の気だるいニュアンスを出したら、ポイントにしたアクセが映えて、案外女らしさが立ってくる気がします。(樋口かほりさん)


No.04
デニムとトーンの近い「シャーベット色のシャツ」と

ライトグレーやブルー系のシャツでグラデーションをつくると、統一感が出てきちんと見える。シャツはえりを抜いてゆるく着るのがポイント。肌の見える面積を増やすことで、カジュアルにも転びやすいシャツ×デニムを女性らしく着られます。(岩田槙子さん)

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa