GISELe

2020/06/23

カジュアルでも上品|「白Tブラウス」5つの活躍どころ

GISELe編集部

選ばれた「半そで未満」

カジュアルの中に品も残す
ラフな形には「しなやかさ」が必要
Tシャツくらいのそで丈があるとどうしてもカジュアルに転びがち。やわらかな素材の落ち感があるものを選び、女性らしい気品を意識。


CHOICE
No.1
とろっとした質感の「Tブラウス」

形はTシャツ×素材はブラウスの、今注目を集めるTブラウス。ボーイッシュなボトムと合わせても大人らしく整う、使い勝手のよさを着まわしで実証。


01
CASUAL DRESS UP

ひかえめに日常ドレスアップ。
上下サテン素材だとドレッシーさが強くなりがちなところ、Tシャツ型の気軽なブラウスなら華やかになりすぎない。


02
HANDSOME LADY

メンズっぽさに色香をひとさじ。
マニッシュなジャケットからのぞく光沢素材で、デニムと合わせたハンサムなスタイルをクラスアップ。ウッドビーズやフリンジなど遊びの効いたバッグを合わせても、どこか優雅な面持ちに。


03
MANNISH MONOTONE

きちんとしたままリラックス。
しっとりなめらかな風合いで、かっちりした黒パンツとワークシーンでも活躍する。


04
RELAX

手抜きに見せないほどよいツヤ感。
リラックスムード満点なハーフパンツは、定番的な白Tとだと少年っぽさが強すぎる。ツヤめく素材をとり入れることで、背筋が伸びたルックスに。


コーデバランスも整えやすく、キレイづくりに簡単に近づけるそで丈短めのトップス。シンプルな装いを「さらにいい」に導いてくれる、シーンレスな白として、持っておくと便利。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model),Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi,Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Baya,Asya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition&Text_Mika Shirahige

RECOMMENDED