GISELe

2020/06/23

カジュアルなのに品がある|注目の「Tブラウス」&着やせ「ドロップショルダー」

GISELe編集部

選ばれた「半そで未満」

ノースリやフレンチスリーブなどそで丈短めのトップスが、今シーズンは多彩に登場。美形につながるシルエットだったり、品格を補うつやめく素材だったり。シンプルな装いを「さらにいい」に導く見のがせない5つのトピックス。


カジュアルの中に品も残す
ラフな形には「しなやかさ」が必要
Tシャツくらいのそで丈があるとどうしてもカジュアルに転びがち。やわらかな素材の落ち感があるものを選び、女性らしい気品を意識。


CHOICE
No.1
とろっとした質感の「Tブラウス」

形はTシャツ×素材はブラウスの、今注目を集めるTブラウス。ボーイッシュなボトムと合わせても大人らしく整う、使い勝手のよさを着まわしで実証。


01
casual date

ひかえめにドレスアップ
Tブラウス 15,000円+税/エルク(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) スカート 16,000円+税/コンバース トウキョウ(コンバース トウキョウ 代官山) バッグ 8,500円+税/アディナ ミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) 靴 10,000円+税/MOON STAR(ムーンスター カスタマーセンター) 上下サテン素材だとドレッシーさが強くなりがちなところ、Tシャツ型の気軽なブラウスなら華やかになりすぎない。


02
go to shopping

メンズっぽさに色香をひとさじ
Tブラウスは着まわし。 ジャケット 28,000円+税/エトレトウキョウ パンツ 10,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ 渋谷店) バッグ 36,000円+税/アラナズ(デ・プレ) パンプス 48,000円+税/KATIM マニッシュなジャケットからのぞく光沢素材で、デニムと合わせたハンサムなスタイルをクラスアップ。ウッドビーズやフリンジなど遊びの効いたバッグを合わせても、どこか優雅な面持ちに。


03
have a meeting

きちんとしたままリラックス
Tブラウスは着まわし。 パンツ 7,400円+税、ミュール 8,500円+税/ともにKBF+(KBF+ 新宿ミロード店) 眼鏡 30,800円+税/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 26,364円+税/COS(COS 銀座店) ベルト 8,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ 渋谷店) しっとりなめらかな風合いで、かっちりした黒パンツとワークシーンでも活躍する。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model),Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi,Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Baya,Asya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition&Text_Mika Shirahige