GISELe

2020/07/03

ベージュのCPO風シャツワンピース着まわし6選|目線引き上げ効果も!

GISELe編集部

ワンピの日に考えられること

たった1枚で満たされて、+αのアレンジも楽しめる、多くの可能性を秘めた究極シンプルなワンピの魅力をあらためておさらい。スタイリングを強化したり、新たな1着を見いだしたり。単純な装いが増えるこれからの軸を担うレパートリーを、さまざまな角度から追求。


「週3ワンピで6つのアレンジ」

安心感のある色や形は、そのときどきに応じて手を加えることで、同じワンピースでも雰囲気が一変。うまくいく6つのテクにあてはめながら、その振り幅を検証。


夏のはおりとしても活躍する
「やわらかなベージュのCPO風シャツワンピース」
好感度の高い装いへと仕上げてくれるシャツワンピは、旬なベージュを選ぶことで肩ひじ張らないきちんと感を演出。胸元のダブルポケットがポイントとなって、目線を引き上げてくれる効果も。

24,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)


01「上からかぶせる」
ベージュと波長の合うクリーミィなミントグリーンでやさしさの中にさわやかさを
ニットとスエットのいいとこ取りをしたような、リアルタイムにぴったりな肉厚トップスでワンピをスカートづかい。シャツワンピのくたっとした風合いが、重厚な素材の抜けとして作用。

ベージュワンピースは着まわし。クルーネックトップス 27,000円+税/リト(エーピー ストゥディオ ニュウマン 新宿) サングラス 47,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) バッグ 14,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ)


02「何かをはおる」
ワンピと同色のノーカラージャケットでさらなるまじめさを上乗せ
ワンピ+ジャケットの好相性な組み合わせを活用。両胸のポケットとケンカしないよう、ジャケットはあえてデザイン性の少ないオーソドックスなものを選んでなじませることを意識。

ベージュワンピースは着まわし。ベルテッドジャケット 15,000円+税/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 眼鏡 42,300円+税/Oliver Peoples(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 34,000円+税/ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア(ロンハーマン) ローファー 21,000円+税/CAMINANDO(グラビテート)


03「下から出す」
淑女のような気品と愛らしさがそなわるドット柄でワントーンの中にも変化球
クラシカルなかわいさが印象的なサテン素材のドット柄。ワンピースと同じニュートラルなベージュがベースカラーなら、特別感のある素材や柄もキャッチィに転ばず、大人を保てる。

ベージュワンピースは着まわし。ベージュサテンドットマキシスカート 8,900円+税/N.O.R.C 黒サークルバッグ 14,000円+税/BRIE LEON(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒パンプス 22,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Riho Nawa Composition&Text_Miyuki Kikuchi