GISELe

2020/07/08

「レザーローファー」の着こなし10選|ボトムと靴のいい関係vol.02

GISELe編集部

「足元見ればうまくいく」

装い全体のバランスを左右する、ボトムと靴の関係性に着目。腰から下に焦点をあて、GISELeで紹介したコーディネートを洗い出し、よくはくボトムに適した靴選びを指南します。
※コーディネートは、GISELe2019年4〜8月号、2020年3〜5月号で紹介したものです。


LOAFERS

味わい深いルックスで、ボトムに落ち着きや高級感をもたらすローファー。夏の軽装にも浮かないつややかなレザーを厳選。


A / B / C / D
BLACK/BROWN
ゆれるフレアスカートに「重厚な足元」


Volume up !
ゆったりとしたAラインスカートにきゃしゃな靴ではなく、あえて重めのローファーを投入。よくある愛らしいイメージとは違う、シックなスタイルが完成。黒を選ぶとハンサム、ブラウンを選ぶとどこかなつかしい面持ちに。


E / F / G
BROWN LEATHER
「落ち着くブラウン」とクリーンな白


White × brown
明るい発色の白ボトムに黒や白のレザーシューズを合わせると、モードに傾きすぎることも。カジュアルにとどめたい日は、親しみやすさを演出できるブラウンローファーが適役。足首はのぞかせて、ほっこり見えない工夫を。


H
BLACK LEATHER
スキニーを格上げする「紳士な1足」


Skinny & Profound
スニーカーやビーサンで、強さをゆるめることの多かった黒スキニー。ラクな足元を休憩し、黒ローファーを新相棒に。ブーツのようなボリュームが出ることで、ハンサムな表情に加え、脚のきゃしゃ感をきわ立たせることに成功。


I / J
WHITE & BIT
デニムの相棒=「レトロな白」に変更


Renew denim
ローファーとブルーデニムの相性のよさは言わずもがな。いつもの黒やブラウンから白系にマイナーチェンジをすればやさしいムードが漂い、マニッシュなジャケットスタイルも女らしく。アクセ感覚のビットも品づくりに貢献。
CREDIT: Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa