GISELe

2020/07/23

「美脚」に見えるパンプス22選|黒・ベージュ・ブラウンで使いやすい

GISELe編集部

「隠れて底上げ」フラットパンプス

疲れずオシャレがかなうローヒールは、今や足元の主軸だからこそ脚も長くすっきり見せたい。先細のシャープなトゥを基本に、ヒールに頼らずスタイルアップも組み合わせのバランスも底上げしてくれる、理想的な1足をリサーチ。
※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。


頼れる3色でベストな選択
よくはく3色から、自然にスタイルUPがはかれるシューズを選ぶなら?それぞれの特性を生かしつつ軽やかさを促す、デザインの選択基準を指南。


BLACK
黒で「肌感のあるデザイン」

重厚感のある黒に求めたいのは季節相応の軽やかさ。メッシュや肌がのぞくカットワークで抜けをつくれば、黒特有の引き締め力はそのまま、涼しげな印象に。


モノトーンの気分を変える役割
〈右〉甲が見える靴選びにより、ALLブラックに色香も漂い出す。〈左〉グレーレギンスの緩急づけに、素肌がのぞくミュールを抜擢。



「女性らしい繊細なメッシュ」
メッシュ×スエードシューズ(1.5) 17,000円+税/Dhyana. スエードとのMIXなら、カジュアルに転びがちなメッシュも知的。



「ヒールは辛口な四角形」
スエードシューズ(1) 6,400円+税/RANDA さりげなくモード感が漂うスクエアヒール。甲のVカットで足もキレイに見える。



「ツヤっぽいラフィア素材」
スクエアトゥラフィアフラットシューズ(1) 6,400円+税/RANDA 光を受けてほんのりつやめく質感が、軽快なアクセントに。



「素肌が透ける細かなカット」
シューズ(2) 14,000円+税/ピシェ アバハウス(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店) メッシュ状の細かな三角のカッティング。



「派手じゃないレオパード」
レオパード柄ストラップシューズ(1.5) 14,800円+税/ワシントン(銀座ワシントン銀座本店) 強さが和らぐのシアーな素材感。

CREDIT: Photography_Koichi Sakata Styling_Natsuko Deguchi Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa