GISELe

2020/07/27

【甘く着ない】「ピンクらしくない」コーディネートの新境地

GISELe編集部

「垣根のない服」

用途を1つに定めない。行き先にも予定にも動じない。分類しがたい服こそ、多くの可能性を秘めていることに着目した、垣根をなくしたワードローブによる着まわしを新提案。第一印象や固定観念をリセットし、とらわれない目を持つことでもっと長く、さらに深く、着る楽しみは持続する。

THINK PINK
「らしくないピンクで」新境地

振り幅のあるワードローブに合うかどうかで選ぶピンクなら、「かわいい」の枠も必然的に超えられる。よくあるイメージをくつがえすことで得られる6つの効果。


1. SIMPLE & EASY 
(含みがない)
「1枚でまとう潔さ」
レイヤードがあたりまえのロングシャツをさらっとワンピースとして完結させる新解釈。「くずす着方」もピンクに強さをもたらすファクターに。

そでをまくってえりを開く。
肌の見せ方も潔く


はおりにもドレスにもなる絶妙な丈によってかなう着方のバリエーション。女っぽい質感でありながら、シャツタイプだからそもそも甘すぎない1枚。さらにそでを大胆にロールアップさせ、潔くデコルテをのぞかせることで、タフな印象を上乗せできる。


2. MEN’S LIKE CASUAL
(特別じゃない)
「いつもの白Tからのマイナーチェンジ」
気負わずまといたいなら、着慣れたアイテムかつ目立たないトーンのピンクで探すのが得策。合わせるものも、変わらず「いつもの相棒」で。

白T以上にデニムのブルーを
引き立てるポテンシャル


ピンクTシャツ 3,200円+税/Los Angeles Apparel(Los Angeles Apparel Japan) ユニセックスなサイジングに加え、肉厚な6.5オンスだから無骨なデニムとの相性も確実で、「強気なペールトーン」という新境地へ。レザーやシルバーの重みもマッチ。


3. SWEET VINTAGE
(幼くない)
「甘い白に自信が持てるスラックス」
「垣根のないワードローブ」のキーともいえる美形なリネン。あえて特徴のあるピンクを選べば、ニュートラルカラーとはまた違う個性が光って退屈知らず。

素材がやさしいぶん
高発色ぐらいがちょうどいい


ピンクベージュ系のリネンだと地味になりかねない。かといってただ明るいピンクは子どもっぽい。「ナチュラルなのに鮮やか」という、いいとこ取りのピンクが甘い白レースとつり合う絶妙な落としどころ。

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED