GISELe

2020/07/30

簡単にととのう|正統派の「黒と白」だけのコーディネート6選

GISELe編集部

「ゆるくないモノトーン」

夏にありがちな「ゆるくてラク」を小休止。黒と白が持つ緊張感をプラスにとらえ、今こそ「きちんと着る」というのも気分がいい。色も見た目も正統派なワードローブだからできる、品行方正な着まわしを敢行。


合理的にそぎ落とせる
「必然的にムダのないシルエット」

正統派な黒と白だけの組み合わせなら、テクニック不要で切れ味のいいコーディネートが完成。配色もシルエットも研ぎ澄まされた、スマートなモノトーンを考察。


ALL BLACK
色もフォルムも「はみ出さない」
コンパクトなトップスとIラインスカート。直線的な上下でつくる長方形フォルムでストイックに。巧みな異素材合わせで単調さを回避。

黒一色を貫くことでシャープかつスタイルよく
スカート 35,000円+税/ラウタシー(ブランドニュース) トップス 6,800円+税/UNCRAVE(オンワード樫山) サンダル 21,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ベレー帽 9,000円+税/メゾンバース(シアンPR) バッグ 56,000円+税/オソイ(UTS PR) スカートの光沢により、シンプルなトップスも気高いムードへと転換。モードを語るサンダルなら、緊張感をくずさずほどよい抜けに。


SLOW DOWN
「縦落ちの白」で流すように
トップスからたらすリボンや、ストンと落ちるパンツのシルエット。流れるような質感の白を組み合わせることで、ワントーンがさえる。

Iラインを強調する仕上げのジレの存在感
ジレ 48,000円+税/カレンテージ(ブランドニュース) パンツ 47,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) マルチウェイトップス 17,000円+税/little $uzie ローファーシューズ 30,000円+税/リーガル(リーガル コーポレーション) バッグ 14,000円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) あいまいになりがちな白。縦を意識することでゆるいよりもむしろ強いイメージに変換が可能。硬派なジレや黒小物のアクセントで、より都会的な雰囲気へとシフト。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Liza Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando