GISELe

2020/07/31

黒と白のモノトーンは「ハンサムを貫くか、レディに寄せるか」

GISELe編集部

「ゆるくないモノトーン」

夏にありがちな「ゆるくてラク」を小休止。黒と白が持つ緊張感をプラスにとらえ、今こそ「きちんと着る」というのも気分がいい。色も見た目も正統派なワードローブだからできる、品行方正な着まわしを敢行。


端正なままに、その日の気分で
「ハンサムを貫くか、レディに寄せるか」

ゆるぎないワードローブをたてに、ときには自分目線で「男と女」を着分けてみる。ストレートにマスキュリンを貫くか、強気な女っぽさを追求するか。洗練された2色の範囲内で、その二面性を比較検証。


- FEMININE -
01 「黒白だからいいコンサバ感」
一見マニッシュでありながら、つまったネックラインと清潔感のあるスラックスで知性のある女性らしさを意識。きゃしゃなヒールをのぞかせれば、さらに色気が加わる。

「とがったつま先」にひそんだ気高さ
トップス 6,800円+税/UNCRAVE(オンワード樫山) パンツ 47,000円+税/ヴィンス(Vince 表参道店) パンプス 37,000円+税/KATIM ベルト 9,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) バッグ 13,000円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) こびない姿勢を象徴する、すそからのぞくポインテッドトゥ。クリーンなパンツの白で、強さを中和して。


02 「優雅な白を同時に使う」
真っ白なワンピースを同じく白いシャツドレスで包み込んだ意思を感じさせるロング&リーン。洗練された縦落ち感にこだわることで、エレガントな風格がアップ。

着方ぐらいは、気だるくていい
ワンピース 9,900円+税/ノーク バイ ザ ライン(N.O.R.C) ワンピース 38,000円+税/セオリー(リンク・セオリー・ジャパン) サンダル 21,000円+税/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ウッドバングル 11,000円(税込み)/yurika_akutsu バッグ 11,600円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 白の緊張感を解くように、ウッドバングルやレースアップサンダルの自由な小物づかいを意識。


03 「隙のある白とツヤのある黒」
素肌が見え隠れするトップスとスカートのつややかな素材。センシュアルを呼ぶ特徴的なディテールと素材をぶつけても、端正なモノトーンなら冷静さを保てる。

手堅いスリムなIラインを軸に
スカート 35,000円+税/ラウタシー(ブランドニュース) マルチウェイトップス 17,000円+税/little $uzie サンダル 13,000円+税/ ソル サナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バケットハット 3,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) ネックレス 48,000円+税/ココシュニック 隙のないシルエットが、肌見せをセクシーから高貴へとクラスアップ。後ろ姿を印象づけるリボンも粋。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca・model), Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Liza Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando