GISELe

2021/05/20

「服が老けない」プロが教える「夏の洗濯テクニック」まとめ

GISELe編集部

服の快適メンテナンス

買ったときの服の若さを保ち、夏を快適に過ごすために。汗ジミ、黄ばみ、色あせ、ニオイなど不快な要素を爽快に変える秘策をプロたちに聞き込み!
※洗濯の際は衣服に表記されている取り扱い表示を確認してください。

【お手入れアイテムの画像一覧】

① CLEAN
【汗ジミ、黄ばみを残したくないから】
早く・マメに・お湯で洗う

☐できるだけ早く洗濯。丈夫な素材なら、酸素系漂白剤を加えて、洗剤では落としきれない汗や黄ばみの蓄積を防ぐと。
☐その日に洗濯ができないなら、部分汚れ用石けんでの予洗いやつけおきをしましょう(下岡さん)
☐キレイに洗ったつもりでも汚れを残すとあとから黄ばみが表面化してくることも。皮脂汚れはなるべくマメに「お湯で洗う」ことがとても重要。
洗剤や柔軟剤の残りも黄ばみの原因。すすぎも十分に(松延さん)

〈右から〉ウォッシュ&ステインバー 60g 1,320円(税込み) 部分洗いや手洗い用の固形ソープ。オールパーパスブリーチ 1L 3,300円(税込み) 酸素系漂白剤。頑固な汚れを落とし、消臭効果も。/ともにTHE LAUNDRESS


② PROTECT
【夏の日差しは強烈だから】
色あせ・ゴワつき回避

☐日光による変色、変質を避けるため、色柄ものやデリケート素材は「裏返して陰干し」が鉄則。
☐黒が赤っぽく変色したり、まだらにあせてしまうのは日光のせいです(下岡さん)
☐過乾燥にも注意を。長時間天日干しすることで、肌ざわりも悪くなり生地も傷むので、なるべく風通しのいい日陰に干すようにしましょう。
繊維が立つようにゆすってから干すのも、ゴワつきを防ぐポイントです(松延さん)



③KEEP DRY
【ジメジメする日が多いから】
4つの要素を攻略する

☐洗濯物が乾く要素は「温度、湿度、風力、表面積」の4つ。
☐より「高い温度で」「低い湿度で」「強い風と広い表面積」で早く乾きます。
こぶし大の間隔をあけて、部屋の隅より風の通る真ん中、なるべく高く、クーラーを入れ、サーキュレーターで風をあてて乾かしましょう(松延さん)
☐生地が重ならないように立体的に干すこと。1枚の服にハンガーを複数本使う方法や角ハンガーが手軽です(JUNNAさん)

フレディ 角ハンガー32P 3,630円(税込み)/フレディ レック・ウォッシュサロン(藤栄) 丈夫なステンレスをホワイトにペイント。


④ SELECT
【ニオイが気になる季節だから】
とり除く&予防の二段構え

☐ニオイをすっきりとり除いたり、部屋干し臭を予防するためにも、除菌・消臭できる酸素系漂白剤が有効。
☐着用中のニオイ対策をする消臭スプレーは、乾いた状態でスプレーしたのち、速やかに乾かして(下岡さん)
☐ポリエステルなど、ニオイがついたらとれない素材は、ベルコニン液PやオスバンSなどを希釈した逆性石けん液でつけおきしてから洗って。
☐ニオイがつきにくい天然素材の服を着るのも有効です(ハナさん)

〈右から〉BALLON AROMA SPRAY FOR ROOM&FABRIC 150mL 2,250円+税/LIBRARY DESIGN 抗菌・抗ウイルスアロマスプレー。フレディ オキシクリーン 20P(30g×20袋) 1,980円(税込み)/フレディ レック・ウォッシュサロン(藤栄) 


⑤DELICATE
【薄く軽い素材が多いから】
摩擦から生地を守り抜く

☐押し洗いせず、たっぷりの洗剤液に15〜30分つけおきするのがベター。手洗い後は裏返してたたみ、目が細かくなめらかなネットに入れて、ごく短時間(1〜2分)で脱水を。
水分と衝撃を吸収するために、乾いたバスタオルを一緒に回すのもオススメです。脱水後はすぐに干して(下岡さん)
洗濯ネットの中で服が遊ぶと、形くずれや生地を傷める原因に。たたんでジャストなサイズを選びましょう(JUNNAさん)

メッシュウォッシングバッグセット(S・L各1枚入り) 3,300円(税込み)/THE LAUNDRESS 目が細かい。


CREDIT: Composition.Text_GISELe