GISELe

2020/08/28

今どきのシャツは白じゃなく「黒でチュニック丈」

GISELe編集部

「3つの意味で回る服」

吟味に吟味を重ねた「納得のいくベーシック」にはそれだけで自分を満たしてくれるだけでなく、さまざまな着方を発掘したり新たな1着を引き寄せたりと「スタイルの可能性」を引き出すきっかけも与えてくれる。最小限のアイテムから楽しみが無限に広がっていく、ワードローブ計画。


「手数が増える・新たな軸選び」

いつも着ている服の見直し、新定番として迎えたいもの。そんな基準で選ばれた「3つの意味」で回っていくアイテム。まずはその長所を生かした実例からスタート。


涼しさに知性をもたらす
「チュニック丈の黒シャツ」

ワンピースとしても着られる長めのシャツは、前を開けるとアウターにもなりアレンジのバリエが豊富。ノーカラー&黒で脱力感のあるフォルムのパッと見をスマートに。


1. RELAX & LEAN
「ゆるい黒を細い白で引き締め」

色本来のイメージとは逆をいくアイテム選びが鮮度を上昇
黒ノーカラーロングシャツ 26,000円+税/Honnete(グラストンベリー ショールーム) ニットレギンス 16,000円+税/ebure カチューシャ 6,900円+税/Chapeau d’ O(Chapeau d’ O 東急プラザ銀座店) バッグ 28,000円+税/ムーニュ(カレンソロジー 新宿) パンプス 6,400円+税/RANDA 白のレギンスなら肌を見せずに印象軽やか。

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Lera Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi