GISELe

2020/08/30

夏の着まわしにいい「キレイ色のサテンスカート」

GISELe編集部

「3つの意味で回る服」

吟味に吟味を重ねた「納得のいくベーシック」にはそれだけで自分を満たしてくれるだけでなく、さまざまな着方を発掘したり新たな1着を引き寄せたりと「スタイルの可能性」を引き出すきっかけも与えてくれる。最小限のアイテムから楽しみが無限に広がっていく、ワードローブ計画。


「回しがいがある色の答え合わせ」

出番が多い服=ベーシックな色だけとは限らない。とはいえどんな色でも使いやすいわけではない。今までそろえてきた手持ちの服との相性のよさからひもとく、幅がある色のベストアンサー。


ツヤのある
+
ブルーグリーンの
+
サテンスカート
特別感が出せる光沢でも華美に見えない、冷静さを保つ青みがかったグリーン。細身のシルエットが淡い色の大人っぽさをアシスト。

14,000円+税/Jilky すそがわずかに広がるマーメイドライン。


STYLE : 1
「シンプルな黒が瞬時に華やぐ」

派手じゃないのに埋もれない。ダークな黒の着映えをスカートで実現
ブルーグリーンスカートは着まわし。黒ニット 16,000円+税/BATONER 黒ハンドバッグ 39,000円+税/Theory(リンク・セオリー・ジャパン) サンダル(予定価格) 16,000円+税/Iris & Ink(THE OUTNET カスタマーケア) スカート以外は黒一択。そんな潔さのおかげでカラースカートも大人。

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Lera Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi