GISELe

2020/08/31

着映えにつながる「赤」はカーディガンで投入が正解!

GISELe編集部

「3つの意味で回る服」

吟味に吟味を重ねた「納得のいくベーシック」にはそれだけで自分を満たしてくれるだけでなく、さまざまな着方を発掘したり新たな1着を引き寄せたりと「スタイルの可能性」を引き出すきっかけも与えてくれる。最小限のアイテムから楽しみが無限に広がっていく、ワードローブ計画。


「回しがいがある色の答え合わせ」

出番が多い服=ベーシックな色だけとは限らない。とはいえどんな色でも使いやすいわけではない。今までそろえてきた手持ちの服との相性のよさからひもとく、幅がある色のベストアンサー。


ハリのある
+
くすんだ朱色の
+
長そでカーデ
着映えにつながる赤は、使い方次第で色の分量を変えられるカーディガンで投入。あせたような色みだと、高発色でも軽やか。

15,000円+税/MICA & DEAL(MICA & DEAL 恵比寿本店)


STYLE : 1
「ゆったりとした黒のさし色として」

リラクシーな1枚系に鮮やかな赤が入ると自然と締まる
赤カーデは着まわし。黒ノーカラーロングシャツ 26,000円+税/Honnete(グラストンベリー ショールーム) 眼鏡 27,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) スリッポン 34,000円+税/BEAUTIFUL SHOES(ギャラリー・オブ・オーセンティック) ワンピづかいしたチュニック丈のシャツ。アクセント的に投入した赤で目線が上がり、重心が高く。

CREDIT: Photography_Daisuke Tsuchiyama(TRON・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Lera Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi