GISELe

2020/09/25

「ワンピースを着る日」のスタイリングアイディア13選

GISELe編集部

「それもいい」ワンピース図鑑

いくつあってもいい、1枚で完結するワンピースこそ「それもいい」の手数が欲しい。気分転換に向く夏の最優秀アイテムを、8つの理由別にご紹介。

スタイリング画像一覧はこちら

 STYLING IDEA ! 
「ワンピースを着る日」のネタまとめ

小物づかいやレイヤードなど、もうひと手間加えることでまた違う表情が楽しめるのもワンピの魅力。これまで本誌で紹介してきたスタイリングから、あらためて役立つテクニックをおさらい。
※このページ内のコーディネートは過去のGISELeに掲載されたものです。


01_「あせたデニムでカジュアルダウン」
ワンピが持つ甘さのくずし役には、デニムの中でもカジュアル度が高めの淡いブルーが適任。色落ちによるヴィンテージのような風合いが加わることで、1枚のときよりも深みが増す。



02_「クリーンなシャツを仕込んで端正に」
首元から白をわずかにのぞかせる、レイヤードの常とう手段。ハリのあるシャツだと、Tシャツよりもキレイめに仕上がり、心地よさ重視のシルエットでもいっそう都会的に。



03_「薄手のきちんとアウターでまじめを装う」
かっちりとしたマニッシュなはおりをプラスすることでシャープに見せ、さらっとしたワンピースの手抜き感を軽減。丈をそろえるとデザインのようになじみ、統一感が出やすく。



04_「着方を変えて2枚を同時に使う」
かぶるだけの手軽なカットソーに、前開きのシャツタイプをアウターがわりに投入。いい意味でクセのない2枚を同時に使う発想で、シンプルスタイルに新たなパターンを追加。



05_「わかりやすく小物でリゾート感」
シーンレスをいいことに、小物づかいにこだわって気分を盛り上げるのもひとつの手。つば広ハットなど、少々テンション高めに入っても好感度の高い服だから気品を保てる。



06_「Tシャツを重ねてスカート風」
キャミやノースリといった、夏ならではの薄手素材。上半身がすっきりしているため、インナーとして着てももたつき知らず。面積が変わることで、いつもとはまた違った雰囲気に。

CREDIT: Photography_Yuki Ueda Styling_Keiko Watanabe(KIND) Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Rie Yokoyama Composition&Text_Miyuki Kikuchi