GISELe

2020/10/22

注目パンプス6選|白・ベージュの「スクエアトゥ」が狙い目!

GISELe編集部

「パンプス」と名のつく中で

さらなるスタイルアップにつなげるためにパンプスは“ヒールと甲”に着目を。キレイに見えることを前提に、季節の変わり目の気分転換にもなる1足を探し求めて。
※( )内の数字は、靴のヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)。

【すべての画像】旬のスクエアトゥパンプス

「スタイリングに左右されず気分が変わる」
服のテイストにかかわらず、きちんと感を補強できるパンプス。だからこそ、新しいカラーに挑戦したり、定番色にデザイン性を求めたり。品は保ちつつ気分を一新する。


モード寄りのコンサバに
「四角いつま先の白・ベージュ」

肌なじみのいいナチュラルカラーは、スクエアトゥやバイカラーヒールなど+αのディテールで、辛口仕様に転換。クリーンなイメージをキープしつつ、シャープな印象をあと押し。


1.DARK BEIGE
エナメルパンプス[9月展開予定](1) 34,000円+税/miista(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 甲深&スクエアトゥでエッジをひとさじ。



2.NUDIE BEIGE
ラウンドトゥパンプス(3.5) 32,000円+税/GEOX(ジェオックス ジャパン) ベージュと黒のヒールデザインがアクセント。



3.BEIGE
スクエアトゥフラットパンプス(2) 13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)



4.WHITE
レザーフラットパンプス(2.5) 26,000円+税/トラディショナル ウェザーウェア×マリサ(トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店)

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yuki Ueda(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Baya Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Text_Yuko Igarashi Composition_Mika Shirahige