GISELe

2020/10/19

品のよさが加速|高めネックの「エレガントなブラウス」5選

GISELe編集部

「上か下かでいうと上の場合」

トップスはよく着る定番+「延長で」「もっと」「いいことに」などが加わって、また違った魅力を味わえるアップデートされたデザインを。上か下か。上でてっとり早く、気分転換をかなえるにふさわしいタイプを最終選択。

ブラウス画像一覧はこちら

BOTTLENECK
高めネックでブラウスが「いっそう」エレガント

首元に高さを出して肌感を減らすことで、ブラウスがクラシックに変わり、品のよさが加速。存在感も高まり、シンプルに1枚で着ても埋もれることなく華やぎが増す。


「とろみのある素材を首元でシャープに」
スタンドカラーチュニックブブラウス(9月発売予定) 14,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) パンツ 9,900円+税/N.O.A.C バッグ 18,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) シューズ 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)



「ツヤをクールに寄せるくすんだブルー」
ハイネックブラウス 16,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) ピンタック入りの前立てをサイドリボンで結ぶ、ひねりの効いたデザイン。



「ギャザーたっぷりの優美なフォルム」
ブラウス 14,000円+税/アンジー(アンジー バイ ウィゴー ヴィンテージ) 直線的なバンドカラーが、身ごろやそでのふんわり感をそれとなく引き締め、バランスを調整。



「淑女なボウタイも黒ならモード」
ボウタイブラウス(8月中旬発売予定) 18,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 高めのネック&ボウタイのボリュームを、シャープな黒と透け感でマイルドに。



「上質なシルク混の素材と好相性」
ブラウス(9月発売予定) 32,000円+税/ルル・ウィルビー(アルアバイル) 繊細なレースにパフスリーブ、カフスのパールと、細部までエレガントに徹したデザインの魅力を再確認。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Asya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi