GISELe

2020/10/10

【注目アイテム】重ね着しやすい「ノースリニット」5選

GISELe編集部

「上か下かでいうと上の場合」

トップスはよく着る定番+「延長で」「もっと」「いいことに」などが加わって、また違った魅力を味わえるアップデートされたデザインを。上か下か。上でてっとり早く、気分転換をかなえるにふさわしいタイプを最終選択。

重ね着しやすい「ノースリニット」5選【画像一覧】


SLEEVELESS KNIT
Tシャツ1枚「さらに」ゆるめのノースリニット

ふつうのTシャツを秋に寄せるのに適役な、重ね着しやすいノースリニットを新たなレパートリーに追加。ざっくりとしたニット特有の風合いで白Tの温感も鮮度も上昇。


「ベスト感覚でレイヤード」
タートルニット 6,300円+税/ミラ オーウェン Tシャツ 8,500円+税/エフシーイーR(ルート) ピアス 2,600円+税/mimi33(サンポークリエイト) バッグ 49,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ブーツ 26,500円+税/ソル サナ(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) トップにボリュームがでて、フレアスカートともバランスよく。



「ストライプの縦ラインですっきり」
タックストライプベスト 12,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 肉厚なニットも縦に流れる柄の視覚効果でスリムに誘導。茶系の濃淡を組み合わせることで奥行きを。



「意表を突くリングつきデザイン」
ニット 26,000円+税/DIESEL(DIESEL JAPAN) 左肩と右サイドのスリットにリングが通してある個性派デザイン。ざっくりニットにありがちなほっこり感をセーブ。



「前はシンプル、後ろはレースアップ」
ニット 17,000円+税/kei shirahata(styling/) 一見シンプルだけど背中を編み上げた意外性のあるニット。適度な厚みやノースリーブで、今からでも着やすいのも好都合。



「異なる編み地でブラウンにクセを」
パッチワークレースアップベスト 8,000円+税/Ungrid ケーブル編みがいっそうしゃれて見える、変則的な編み地。この立体感が重ねたときにメリハリ役を担ってくれる。
CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Asya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi