GISELe

2020/10/16

「薄手ニット」があるといい理由|ワードローブにもたらす効果とは?

GISELe編集部

「サマーニット」が解決する問題

肌感を落ち着かせてくれたり、もの足りなさを補ってくれたり。アンバランスな季節感を逆手にとって、シンプルな装いで陥りがちな悩みを解消する、ベストなスタイリングを考察。

ニットのスタイリングを一覧でチェック

01
適度な重みが加わるから
>>「肌感」がいきすぎない

ぬくもりをとり入れることで、装いに落ち着きを。やさしい風合いのおかげで、マイルドな印象。


A : TANK TOP
「タンクトップに厚みを出す目的」
ウォーミィなブラウン&凹凸のある素材の奥行きによりタンクのインナー感を払拭。ニットのなかでも表情の異なる、毛足の長いストールをアクセントにしてさらなる趣を加算。

ブラウンニットタンクトップ 7,990円(税込み)/バナナ・リパブリック デニムパンツ 18,000円+税/リーバイス® オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン) ブラウンベージュストール 33,000円+税/FILL THE BILL(4K) バッグ 20,000円+税/ミヤモトコウゲイ(カレンソロジー 新宿) キャメルサンダル 30,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム)


B : +SHORT PANTS
「短め丈ボトムは上で重みを」
軽快なハーフパンツには、ざっくりとした長そでニットでボリュームを補いバランスを調整。手首が出るそで丈&粗い編みなら厚みがあっても抜けて見える。

黒ニットトップス 6,990円+税/プラステ 黒ハーフパンツ 24,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) サングラス 47,000円+税/EYEVAN 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) 白トートバッグ 86,000円+税/discord Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト プレスルーム) パンプス 26,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 素材の温度差が、黒一色ののっぺり感を回避。


C : DEEP V-NECK
「デコルテ見せもエレガントに着地」
Tシャツよりもきちんと感が出るハイゲージニットなら、センシュアルなデザインでも品のいい仕上がりに。相反する辛口なレザーでスタイル&バランスアップを両得。

キャメルパフスリーブトップス 7,990円(税込み)/バナナ・リパブリック ブラウンフェイクレザータックパンツ 7,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) ブラウンバッグ 18,000円+税/MARROW(4K) キャメルサンダル 29,000円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) 秋めいた素材どうしを組み合わせると、ワンツーでも単調に見えずに深みが増す。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair & Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Baya Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi