GISELe

2020/10/31

重くて暗い。「黒」だからこそ際立つ3つの配色コーディネート

GISELe編集部

「つまらなくない黒」

安心感を理由に手にする黒では、もう満たされない。黒は黒らしく、本来持つ強さと美しさにこだわって選び抜かれた1着には、「入るとうまくいく」スタイリングにおける説得力と価値がある。正しく着ることで多くを得られる唯一無二の色。そんなゆるぎない黒への原点回帰。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら


黒は本来目立つ色
「黒による逆配色」


重くて暗い。ネガティブにとらえがちな黒にまつわるイメージを逆手にとった配色レシピ。重くていい。暗くていい。それこそが黒の個性だから。


01
なじむだけがいいことでもない
「コントラストの極み」
派手?と敬遠しがちな黒と鮮やかな色の組み合わせ。シンプルなニットとパンツ。どちらもそぎ落とされたデザインなら、喧嘩することなくちょうどいい存在感。

+ DEEP RED
明度をおさえた赤が黒に好都合なコントラスト
赤ニットプルオーバー 9,000円+税/#Newans 白ロングスリーブTシャツ 1,490円+税/GU 黒パンツ 24,000円+税/kei shirahata(styling/) ゴールドネックレス 39,000円+税/ガブリエラ アルティガス(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) シルバーネックレス 27,000円+税/プリュイ(プリュイ トウキョウ) シューズ 13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 少量のぞかせた白のインナーで隙をつくってバランスアップ。

CREDIT: Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando