GISELe

2020/10/29

秋でも「スカートから冬支度」が正解|先取りスタイリング5選

GISELe編集部

「形のわずかな特徴」でIラインの再解釈

ぱっと見は縦長、動くとフレアに広がるその形=「フレア以上・タイト未満」。体型を選ばず、かつタイトスカートのように縦長な印象をつくれる。素材が重くなるぶん、逆に形はまっすぐ、シャープに。すそに余裕を含ませることで最新へとつながるIラインスカート、3つの選択肢をご用意。

スカートスタイル画像一覧はこちら

WARM CLASSIC
「あたたかみのあるクラシック」

「品のいい」イメージ戦略の有力候補
もう少しでウールやメルトン、ツイードが恋しくなる季節。それを待たずに今、ロンTや半そで・薄手のニットと合わせて、上は軽く&下は重めな、今の時季限定の組み合わせから先取りするのも一手。


すそがやや広がっていることで…
>> 素材特有のかたさと力みも抜けて心地よく
1着はワードローブにあるベーシックな正統派。すそのゆるやかな広がりで、地厚でタイトという締めつけ感を解消。今季はヘムラインに多少デザイン、アシンメトリーなど形に特徴があるものに注目。


1. COLOR WOOL
ムダのないシンプルだからこそ生きるクラシックなカラーウール
重厚なウールに相愛なヴィンテージカラー。特徴は色のみで、全体のシルエットも色づかいも、デザインもそぎ落とした「ふつう」の長所を再確認できる組み合わせ。

ブルーサイドボックススカート 24,000円+税/Ballsey(TOMORROWLAND) 黒リブタートルニット 25,000円+税/YLEVE(アングロ―バル) カチューシャ 25,500円+税/ソフィー ブハイ(エディット フォー ルル) 黒ロングブーツ 42,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ)


2. FRILL HEM
シンプル以上の効果をもたらすすその広がりとフリルづかい
シアーな黒も気恥ずかしくなくまとえる重厚なウールの質感。腰位置高めのデザインも、すそのほどよい広がりで体を締めつけることもなく、ラクしてスレンダーな見た目を実現。

ベージュフリルスカート 34,000円+税/グリード インターナショナル(Greed International Tokyo Store) 黒ジャケット 12,700円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) 黒シアープルオーバー 19,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) 黒バッグ 20,000円+税/MARROW(4K) ブラウンバブーシュ 16,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店)

CREDIT: Photography_Fumi kikuchi(impress+) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Nancy Design_Yuki Uesugi(Ma-hGra) Text_Tomoyuki Kaneyama, Natsuko Yanagawa, Shunsuke Takahashi Composition_Tomoyuki Kaneyama