GISELe

2020/11/07

かわいい配色がうまくいく|ペールカラー「スエット」5選

GISELe編集部

「スエットと名のつく中で」

スエットはその長所=脱力感はそのままに、厚みがほどよくそがれ、着ぶくれとも無縁なキレイな見た目に進化。カジュアルとは一線を画したい。そんな希望で再び今選ばれたスエットを操作して得られる相乗効果のトピックス。

スタイリング画像を一覧でチェック

“かわいい配色を試すきっかけ”
>>「あせ感のあるペールカラー」

やさしい見た目をつくる半面、甘くなりがちな淡色どうしの組み合わせ。スエットのカジュアルさがうまく作用して、ほどよい糖度に。


A.
MINT GREEN

ウォーミィな肉厚スエットで秋に似合うさわやかさへシフト
スエット 20,000円+税/LENO(グッドスタンディング) 白Tシャツ 1,990円+税/GU スエードスカート 8,000円+税/SLY、ブーツ 16,000円+税/THROW by SLY(ともにバロックジャパンリミテッド) バッグ 4,990円+税/AG バイ アクアガール 見た目をクリーンに整える、首元のわずかな白。足元には重みのあるロングブーツで落ち着きとさらなる季節感を意識。


B.
LAVENDER

「上は重く・下は軽く」の素材の変化でクリーミィな配色にリズムづけ
スエット 7,200円+税/SNIDEL グレータンクトップ 11,000円+税/HAKUJI(ブランドニュース) スカート 25,000円+税/エディット フォー ルル パンプス 9,800円+税/ル タロン グリーズ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) 気だるいスエットの格上げが図れる、わかりやすくエレガントなサテンの光沢。かわいい=幼くなりがちな配色の大人化にも貢献。

CREDIT: Photography_Yasutomo Sampei(model), Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Akemi Kibe(PEACE MONKEY) Model_Asya Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Text_Marina Takasaki Composition_Miyuki Kikuchi