GISELe

2020/11/14

定番色に甘んじない|ワードローブの「新色アイテム」を選ぶコツとは?

GISELe編集部

「組み合わせをデザインする」

ひと目でほれた服も、よく着る服も、着てみたい服も。解決策を考えることも楽しい組み合わせのバランス。「何と何を・どこに何を・どことどこを」。考えるほど複雑に、そして無限にある組み合わせの考え方から、まちがいなく「しっくりくる」法則を編み出し、たとえば携帯+PC=スマートフォンというように、組み合わせることで「さらに」「それも」いいとなる応用法をたっぷりとご紹介。
ワンパターン・着ぶくれする・スタイルがよく見えない・考えたくない…ありがちな問題も組み合わせ自体の見直し、あるいは組み合わせによって解決していく実例集。パズルのピースを埋めていくように、その場所に合わないもの=結果「何が不要か」もおのずと見えてくる。
流行やモノではなく自分らしい発想。それをデザインするのは、誰でもない自分自身。1つもいいけど、2つ以上がいいこと。ひとつひとつが持つ魅力を組み合わせることで最大限に引き出すヒントを、めいっぱいつめ込んでお届けするコーディネート・トレーニング。


【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

<発想を変えると見えてくる>
「考えなくては使えない色選び」
落ち着く4色だけに甘んじない。むしろ今ある4色のよさを再確認できる新たな色の選び方。目的を明確に、3タイプの価値ある新色をレポート。


WARM COLOR
【マイルドに効かせたいなら=ソフトな素材+ウォームな色】
>>「高貴な暖色」

落ち着いたトーンに落とし込むことで華やかさが引き立つ、ぬくもりのある素材の暖色系。色自体が甘く転びがちだから、ごくシンプルなデザインに的をしぼった選択を。


A.
シンプルな黒をなごませる
「くすんだピンクのウールパンツ」

+ ROSE PINK
甘さと強さのバランスをとり合う、切っても切れない関係性
ピンクスリットパンツ 39,000円+税/HAVEL studio(アイクエスト ショールーム) モヘアニット(メンズ) 28,000円+税/BATONER 黒スエードパンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) ショルダーバッグ 4,900円+税/センスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店) さらっと1枚でまとった黒ニットに似合う、甘さを極力おさえた切れ味のいいスリット入り。


B.
どこかブラウンに似た味わい深さ
「渋いオレンジのモヘアニット」

+ BITTER ORANGE
ベージュとグラデーションのように親しめる秋らしい発色
オレンジクルーネックニット 13,600円+税/シップス エニィ × ハーレーオブスコットランド(シップス エニィ 渋谷店) ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) レザー風パンツ 23,000円+税/smuk(フラッパーズ) ブラウンローファー 14,900円+税/A de Vivre 眼鏡 26,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) ベージュやブラウンに落とし込んでも違和感のないビターなオレンジニット。白Tをはさむことで、わずかなトーンアップが可能に。


C.
さし色前提だから手が届く鮮やかさ
「のぞかせるためのイエロータートル」

+ SAFFRON YELLOW
花柄の色とリンクさせて「効かせすぎない」調整を
イエロータートルネックニット 14,000円+税/JOHNBULL(ジョンブル カスタマーセンター) 花柄ワンピース 32,000円+税/Jilky ブラウンショートブーツ 8,900円+税/RANDA 重ねてももたつかない密着度の高いリブニットは、インナーとしてこそ実力を発揮。小物や装飾に頼らずとも簡単に華やかさを足せる高発色のタートルは、洗える素材という実用性の高さもうれしい。


PINK CHECK JACKET

ピンクミニチェックジャケット 23,000円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 新宿店) レイヤードのしがいがある、身幅が広く、そでが短いバランス。


LIME YELLOW STOLE

ライムイエローストール 32,000円+税/アソース メレ(アイネックス) アウターがわりにもなる約60×240cmの大判サイズ。


ORANGE CARDIGAN

オレンジニットカーディガン 40,000円+税/アニエスベー 編み地の違いで、無地なのにボーダーカーディガンのような見た目に。透明のボタンが抜けとして作用。

CREDIT: Photography_Masashi Ikuta (hannah) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa (mod’s hair) Model_Alisa Design_Yoshitatsu Yamaya (Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama