GISELe

2020/11/17

定番色の印象を変える「顔まわりの飾り方」とは?|小物アレンジetc.

GISELe編集部

「組み合わせをデザインする」

ひと目でほれた服も、よく着る服も、着てみたい服も。解決策を考えることも楽しい組み合わせのバランス。「何と何を・どこに何を・どことどこを」。考えるほど複雑に、そして無限にある組み合わせの考え方から、まちがいなく「しっくりくる」法則を編み出し、たとえば携帯+PC=スマートフォンというように、組み合わせることで「さらに」「それも」いいとなる応用法をたっぷりとご紹介。
ワンパターン・着ぶくれする・スタイルがよく見えない・考えたくない…ありがちな問題も組み合わせ自体の見直し、あるいは組み合わせによって解決していく実例集。パズルのピースを埋めていくように、その場所に合わないもの=結果「何が不要か」もおのずと見えてくる。
流行やモノではなく自分らしい発想。それをデザインするのは、誰でもない自分自身。1つもいいけど、2つ以上がいいこと。ひとつひとつが持つ魅力を組み合わせることで最大限に引き出すヒントを、めいっぱいつめ込んでお届けするコーディネート・トレーニング。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

顔まわりを3方向で「引き上げる」
各色の代表で選ばれた1枚のトップスを使った、3通りの飾り方。重心を引き上げる、輝きが増す、女を高める。3つの「上げる」をテーマにしたレベルアップ。


BEIGE

| VOLUME UP |
「季節に応じた適度な重み」

+ CASHMERE STOLE

「ほぼ同じ色で埋もれるように」
スエットプルオーバー 22,000円+税/YLEVE × THE LZBRARY(アングローバル) ロングスリーブTシャツ 1,900円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) スエットと色をそろえた統一感に甘えて、大判ストールをぐるぐる巻き。ニットにはややほっこり。カジュアルなスエットだから、いいぐあいのトゥーマッチ。

ストール 36,000円+税/アソース メレ(ロンハーマン) オートミールというカラーネームのとおり、ナチュラルな発色。厚みによって、巻いてもたらしても存在感を放つ。


| GLAM UP |
「キレイになれるツヤを補う」

+ PEARL NECKLACE

「スエットに映える柔和なツヤ感」
普遍的な品のよさを語るパール。真逆の存在であるスエットに添えてこそ今っぽい。ショートタイプならエレガントになりすぎず、カジュアルにも落とし込める。

パールネックレス 266,000円+税/CHERRY BROWN 1つあると重宝する、エターナルな輝きのアコヤパール。せっかくならフォーマルにも使えるオーソドックスなタイプを。


| MAKE UP |
「服が生きるメイクの見直し」

+ LIP GLOSS

「セピアゴールドを透けさせる」
ボーイッシュなトップスとみずみずしいリップの意外性。ゴールドを秘めた透明感のあるブラウンをひと塗りし、「やっていないようでやっている」自然体を演出。

ミネラルリッププランパー シアー スパークルセピア(限定発売) 3,000円+税/エトヴォス 眼鏡 32,000円+税/EYEVAN(アイヴァン PR) 「エトヴォス」の根強い人気を博す唇美容液がリバイバル。唇本来の色を生かすクリアなタイプだから、色を乗せるというより、輝きを宿す気分でワンストローク。

CREDIT: Photography_Masashi Ikuta (hannah) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa (mod’s hair) Model_Alisa Design_Yoshitatsu Yamaya (Ma-hGra) Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama

RECOMMENDED