GISELe

2020/12/01

ふんわり毛足長めでもほっこりしない|「カラーニット」6選

GISELe編集部

「ふわふわとしたキレイ色」

秋から冬にかけての楽しい行事=ニット選び。コートを着る前、せっかくなら1枚でさまになるものが欲しい。「ニット=ほっこり」のイメージを覆す特別感のあるものとは?


【画像一覧】すべてのスタイリングをチェック


やさしい質感 + 映える色 = 穏やかに華やぐ
「ふわふわとしたキレイ色」

まとうだけで高揚感が得られる、色の効能。少々甘めなパステルも、ちょっと派手なヴィヴィッドも。毛足長めのふんわりニットなら、印象がマイルドに変わり、気負うことなくとり入れられる。


CREAM YELLOW + BEIGE PANTS

SOFT MANNISH
シンプルなベージュのトーンアップに明るくソフトなイエローを
ライトイエローニット 39,000円+税/ルス(フレームワーク ルミネ新宿店) 中に着たTシャツ 14,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ベージュパンツ 17,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s代官山店) サングラス 19,000円+税/ロンハーマン バブーシュ 46,000円+税/ネブローニ(スタニングルアー 新宿店) イエローがさらにきわ立つ、白のインナーづかい。


SMOKY PINK + KHAKI SKIRT

CALM & SWEET
かわいげのあるくすみピンクで無骨なカーキもまろやかに好転
ピンクカシミヤニット 96,000円+税/ザ ・ニューハウス(アーク インク) スカート 11,000円+税/N.O.R.C バッグ 45,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 白ブーツ 37,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 腰位置が上がって見えるショート丈だから、幅のあるニットのボリュームもすっきり。きりっとしたクリーンな白小物が入ると、くすんだ色どうしの洗練度が上昇。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Diana Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi