GISELe

2020/11/24

旬の「ペールトーン」をぼやけさせずに着る方法とは?│スタイル4選

GISELe編集部

「ちょうどいい」をデザインする

「やりすぎず、やらなすぎず」が、今っぽさをつくるバランス。そのさじ加減に優れたスタイリングを過去の号から抜粋。今すぐ応用できる「ちょうどいい」の理由をあらためて解説。
※掲載している写真はすべてGISELeのバックナンバーのものです。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

PALETONE
「ぼやけ知らずのペールトーン」

あいまいな色みゆえ、スタイル全体の印象もぼやけかねない。組み合わせる色や形により、シャープさをもたらすひと工夫を。


A.「レディなグレーとハンサムなピンク」
>> SMOKY PINK

グレーは女性らしいたおやかなニットで、ピンクはメンズライクなスラックス。色それぞれが本来持つイメージを逆転させたメリハリの効かせ方。


B.「あえてイエローをなじませない」
>> CREAM YELLOW

クリーミーなイエローとベージュの間にあえてクリーンな白をはさむ。そのひと手間で、似たものどうしのイエローとベージュがまざることなく、発色よく目にとまる。

CREDIT: Design_Kiyoka Tanaka(Ma-hGra) Text_Natsuko Yanagawa, Shunsuke Takahashi Composition_Chiharu Ando, Miyuki Kikuchi

RECOMMENDED