GISELe

2021/01/20

黒ニットの単調防止に「簡単小物アレンジ」6選丨アクセ、つけ襟etc.

GISELe編集部

あらゆる黒ニットの飾り方

よくも悪くも、ただ強い色とされていたけれど、そのイメージはもはや今の黒のフェーズではない。強さの裏にやさしさや隙、親しみやすさなどを秘め、あえて主張をおさえたつつましい黒が、折り目正しいこれからのワードローブと共鳴する。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

DECORATE THE KNIT
黒は「余地を与えてくれる」
>> あらゆる黒ニットの飾り方

毎日のように手にしたくなる定番中の定番=黒ニット。どんなアレンジにも動じないフラットな性格に甘えてシンプル以上の変化を加えたい。タイプの異なる黒ニットに応じた、6通りの飾り方を提案。


01. V-NECK KNIT + SUSPENDERS
「センシュアルなVネックを高める光沢サスペンダー」

ボーイッシュとは一線を画すなめらかなシルクのサスペンダー
黒Vネックニット 30,000円+税/アニエスベー グレートラウザーパンツ 61,000円+税、サスペンダー 31,000円+税/ともにpelleq(タク&コー) サングラス 15,000円+税/OSCAR&FRANK(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒に映えるシャンパンゴールドのような柔和な光沢。


02. FUR KNIT + LACE COLLAR
「ニットもえりも堂々たるBIGサイズ」

ストレートに甘い大げさなえりはルーズなニットとデニムで脱力
黒ファーカシミヤニット 33,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 白レースカラー 15,000円+税/nagonstans デニムパンツ 4,900円+税/原宿シカゴ 原宿店 今季流行のレトロなつけえりもモノトーンなら簡単。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN_model) Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Hanna Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando