GISELe

2021/02/11

着まわしのレパートリーを増やす「配色アイディア」4選

GISELe編集部

たとえば「こんなとき」の色選び

シンプルな装いの完成度は、色の組み合わせに左右される。すぐに試せる配色テクニックの実例をそれぞれの色の持ち味・イメージをもとに整理し、まとめてお届け。
※コーディネート写真は過去のGISELeで紹介したものです。


たとえば「こんなとき」の色選び
鮮度を高めたいとき、落ち着いたバランスに調整したいときなど。色をもっと活用して、レパートリーを増やしていくアイディア。

【画像一覧】すべての配色アイディア


01
「色みをさりげなく加えたいとき」
>>「デニムのブルー」を活用する

アイテムそれ自体の合わせやすさに頼って、すっきりしたブルーを手軽に足し算。


モノトーンを気張らずカジュアルダウン
明るめのブルーも、定番アイテムのデニムなら唐突感なし。モノトーンのクールさをじゃませずにカジュアルに味つけ。



素材・色のほっこり感をほどよくセーブ
季節感あふれるブラウンのファーとデニムジャケットのレイヤード。内側からブルーをのぞかせることもデニムなら簡単。



淡いトーンと波長を合わせて色みを追加
ライトブルーのデニムは淡めのトーンと好相性。ソフトな雰囲気に寄り添いつつ、涼しげな色みでさわやかな仕上がり。

CREDIT: Design_Hana Nishimura (Ma-hGra) Composition&Text_Natsuko Yanagawa