GISELe

2021/02/17

「予定に左右されない服選び」をかなえるための5つの考え方とは?

GISELe編集部

好きの中で「行き来できるワードローブ」

初めて手にした理由をもう一度思い出させてくれたり、意外な発見で今ある服の価値が高まったり。着るたびに「好き」が増すスタイリングの手数は、多ければ多いほどいい。着方のバリエーションだけではない。クローゼットの見直しや逆転の発想を加えた、さらなる「服の出番」の増やし方。


好きの中で「行き来できるワードローブ」
カジュアルなのに上品に。予定に左右されないシンプルさ。垣根なく、願望の中を行き来できるワードローブがそろう5つの考え方。

【画像一覧】ムダのない優秀アイテムをすべて見る

「余計を生まない3色」

□結局長続きするのは、色も形もベーシック
□シルエット自体にもムダがない


□BLACK

A. COLLARLESS COAT

黒なのに重く見せない縦落ち感

黒ノーカラーコート(共布ベルトつき) 67,000円+税/カオス(カオス横浜) 余裕を感じさせるしなやかさ。ボタンレスだからレイヤードしてもスッキリとした印象を保てる。



B. MOHAIR KNIT
ゆるすぎずタイトすぎない正統派

黒モヘアニット 28,000円+税/セオリー(リンク・セオリー・ジャパン) BIGシルエットが主流の今、むしろ新鮮なジャストサイズ。インナーがもたつかないぐらいのシルエット。



C. SHEER TOP
冬に好都合な透過性のある黒

黒シアータートルネックプルオーバー 5,900円+税/AKTE よくあるタートルニットとはひと味違うシアー素材。締め役と抜けづくり、真逆の役割を1つで担うNEWフェイス。



D. TIGHT SKIRT
ルーズなトップスを支える存在

黒スカート 39,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) スキニーよりもさりげなく引き締めたいときの黒として重宝するタイトな縦長。スーツのようにハンサムな素材。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model),Eizo Kuzukawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair・Katya), Mai Ozawa(mod’s hair・Eva) Model_Katya, Eva Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&