GISELe

2021/03/07

カジュアルなのに上品|今季おすすめ「靴、カバン、アクセサリー」セレクション

GISELe編集部

好きの中で「行き来できるワードローブ」

初めて手にした理由をもう一度思い出させてくれたり、意外な発見で今ある服の価値が高まったり。着るたびに「好き」が増すスタイリングの手数は、多ければ多いほどいい。着方のバリエーションだけではない。クローゼットの見直しや逆転の発想を加えた、さらなる「服の出番」の増やし方。


好きの中で「行き来できるワードローブ」
カジュアルなのに上品に。予定に左右されないシンプルさ。垣根なく、願望の中を行き来できるワードローブがそろう3つの考え方。

【画像一覧】すべての「靴、カバン、アクセサリー」

「服に動じない理由がある」

□装飾を省いたシンプルの中での幅
□ヒールのバリエは多いほうがベター


a. MINT SUEDE PUMPS
バレエシューズ感覚でもはけるから
ミントスエードパンプス 15,400円+税/DIANA(ダイアナ 銀座本店) スエードのあたたかみと、落ち着きのあるグレーがかった発色が、パステルカラーといえど今の季節にフィット。強く見えない低めのヒール。



b. BEIGE SHORT BOOTS
あいまいな色なのに強さがあるから
ベージュピンヒールブーツ 8,500円+税/チャールズ&キース(CHARLES & KEITH JAPAN) 鋭いポインテッドトゥときゃしゃなハイヒール。白やベージュなどはっきりしないワントーンを引き締める役割に。



c. BLACK SHORT BOOTS
足首のシェイプが効いているから
黒ショートブーツ 25,000円+税/DIANA(ダイアナ 銀座本店) 疲れにくい安定感のある太めのヒール。丸みを残したスクエアトゥならハードになりすぎない。ボトムを選ばないスッキリとしたフォルム。



d. MOCHA SUEDE PUMPS
ベージュとブラウンの間みたいだから
モカスエードパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa やさしさと強さを兼ね備えた独特の発色が幅広いテイストの着こなしに対応。スタイリングに加え、季節感も問わずALLシーズン活躍の予感。



e. BLACK LEATHER PUMPS
ちょっと背伸びできる黒だから
黒パンプス 48,000円+税/KATIM(KATIM) 一見ベーシックながら、厚みのあるソールやスクエアトゥがどこかモードな印象。よくある黒パンプスとはひと味違う1足だから、シンプルな装いでこそ試したい。



f. BROWN LOAFERS
マニッシュなのに品があるから
ブラウンローファー 14,900円+税/A de Vivre ビットなどの装飾も排除した、ごくスタンダードなブラウンローファー。スニーカーほどラフではなく、パンプスほど気どりたくない気分をくみとってくれる1足。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model),Eizo Kuzukawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair・Katya), Mai Ozawa(mod’s hair・Eva) Model_Katya, Eva Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&